新着記事

偏差値の低い高校から難関大学へ合格するには

偏差値の低い高校から難関大学へ合格するには
ただいま中3生の三者面談の真っ最中。そろそろ具体的に受験校を絞っていく。面談で志望校を選んだ理由を生徒に尋ねると、ほとんどの生徒が「大学の進学実績が良いから」と答える。最近の中学生は本当によく研究しているなぁと感心する。...

勉強ができない人がよくやる勉強法(受験生編)

勉強ができない人がよくやる勉強法(受験生編)
1.ノルマではなく時間で考える 勉強できない人は「今日は何時間勉強したか」にこだわる。一方で、勉強できる人は「今日は何をやったか」にこだわる。 2.まとめノートを作る 勉強できない人に限ってまとめノートを作りたがる。しか...

子どもを一人前にするには、厳しい世界に飛び込ませるしかない

子どもを一人前にするには、厳しい世界に飛び込ませるしかない
塾をやっていると、いろいろな親子関係を垣間みることができる。いつまでたってもベッタリと依存し合っている親子、程よい距離感が取れている親子、中学生の子どもに対してまるで小学生のように話しかける親、お母さんに言われないと何も...

本気で成績を上げたいのなら、本気の人に学べ

本気で成績を上げたいのなら、本気の人に学べ
個別指導塾に通ったがなかなか成績が上がらなかったという話はよく聞く。うちの塾でも、個別指導から転塾してきた生徒は数人いるが、その理由を尋ねると100%この理由で転塾してきている。自分のペースで手取り足取り教えてもらえる個...

超ざっくりと、新入試制度における内申の重みの考え方を解説してみる

超ざっくりと、新入試制度における内申の重みの考え方を解説してみる
昨日の新入試制度のシュミレーション。内申が低くても実力による逆転は起こり得る?の続きです。昨日シュミレーションしてみたように、新入試制度下では、その高校の得点割合によって状況が大きく変わってくるのは言うまでもない。今日は...

新入試制度のシュミレーション。内申が低くても実力による逆転は起こり得るか?

新入試制度のシュミレーション。内申が低くても実力による逆転は起こり得るか?
10月に入り、だんだんと入試の足音が聞こえてくるような気配を感じるようになった(強迫観念によるものかもしれないが)。ウチの塾はどうしてかどの学年も男子が多いため、内申が実力より低めにつけられている生徒が多い。去年までの入...

竹島や尖閣諸島について、今も昔もほとんど教育されていない

竹島や尖閣諸島について、今も昔もほとんど教育されていない
あまりブログに政治的な投稿はしない主義なんですが、あまりにも尖閣問題や竹島などの領土問題がエスカレートしてきたので、自分の思うことを書いてみようと思ったわけであります。 自分の思うことを書いてみようとは言ったものの、恥を...

個人塾経営者に言いたい!ウェブサイトにはちゃんと手をかけましょう。

個人塾経営者に言いたい!ウェブサイトにはちゃんと手をかけましょう。
塾と一口に言ってもいろんな塾が出てきた。昔ながらの大手集団塾、うちみたいに個人が開業した個人塾、マンツーマンの個別指導塾、個別指導塾と謳っているが自習をさせているだけのエセ個別指導塾、2対1や3対1の個別指導塾など。昔は...

塾生の89%が定期テスト5科目合計点8割以上をとれるワケ

塾生の89%が定期テスト5科目合計点8割以上をとれるワケ
自分たちがタイに行っている間に、9月中旬に各中学校で行われた2回目の定期テスト結果が続々と帰ってきていたようだ。その結果がほぼ判明したのだけれど、これが結構すごいことになっている。 今日の時点での判明分のうち、中1から中...

タイに行ってきた

タイに行ってきた
先週1週間、休みを利用してタイに行ってきた。タイに行くのはこれで4回目だが、何度行っても「また来たい!」と思わせる魅力がある国である。 近年タイはすさまじい経済成長を遂げており、近代的な高層ビルやショッピングモールが激増...

夏休みで偏差値60以上が全体の25%から75%に!

夏休みで偏差値60以上が全体の25%から75%に!
8月模試が返却された。今回使用した模試は教育開発出版の模試。この会社の模試はもう一つの方(名前は伏せます)と違って良問揃いであるうえに、データ分析も細かくて良い。返却に時間がかかりすぎることが玉に傷だが、データの細かさを...

子どもの教育にかかるお金は元が取れるのか?

子どもの教育にかかるお金は元が取れるのか?
教育にかかる費用は高い。小学校から大学までオール公立で進んだ場合でも、一人当たりの教育費は1000万近くかかるという。ということは、私立に進んだ場合は1000万以上ですか・・・。子どもがいない自分が言うことでもないが、本...