新着記事

日本を代表するブロガーの「世の中を変える人」の4条件が面白い

日本を代表するブロガーの「世の中を変える人」の4条件が面白い
日本を代表するブロガーちきりんの「世の中を変える人」の4条件というエントリーが面白すぎる。ブログの中の画像を勝手に拝借いたしました。 最後のふたつの人数を考えると・・・能力があって、一生懸命働いてて、正しいやり方でやって...

塾講師が、この子は伸びると確信するときの3つの条件

塾講師が、この子は伸びると確信するときの3つの条件
塾で生徒を教えていると、「この子は爆発的に伸びるだろうな」と思う子と、「この子はあんまり伸びないだろうな」と思う子がいる。あんまり伸びないだろうなって思う子でも、塾は成績を上げることが商売ですから、いろんな手法を使って「...

たいてい夢はかなわないけどそれがどうした?というHondaの本音が素晴らしい

honda広告
夏期講習1日目にしてヘロヘロで、ブログを書くことを考えたら気が重くて仕方ない私ですが、みなさんこんばんは。毎日書くなんて宣言しなければよかったなんて後悔しながらも、毎日書くと決めたのでヘロヘロになりながらもPCに向かって...

子どもの「なんで勉強しなければいけないの?」に対しての答えはコレ

子どもの「なんで勉強しなければいけないの?」に対しての答えはコレ
お母さんが子どもに聞かれたら一番困る質問のナンバーワンがおそらくコレ。「なんで勉強しなければいけないの?」という質問。大人にとって、これほど聞かれて嫌な質問はありません。大人だって子どもの頃に一度は同じような疑問を抱いた...

神奈川一のお買い得高校は「横浜サイエンスフロンティア」

神奈川一のお買い得高校は「横浜サイエンスフロンティア」
今日の日経新聞の記事に横浜サイエンスフロンティア高校についての記事が載っていた。確か先々週あたりにも、朝日新聞の一面に載ってたっけ。エセ理系の私には、記事を読んでも何が凄いのかよく分からないんだけど、これだけ頻繁に新聞を...

内申はこうやって上げろ!ケース別5つの方法

内申はこうやって上げろ!ケース別5つの方法
今の内申制度にはいろいろ不満がある。けれども、私ごときの小市民がいくらこんなところで吠えようと、お上の耳には届かないしシステムを変えることもできない。結局、お上が作ったルールに従わざるを得ない。ということで、今日は内申を...

親に頼んで塾に来させてもらっているヤツは、絶対に勉強から逃げるな。

親に頼んで塾に来させてもらっているヤツは、絶対に勉強から逃げるな。
23日から始まる夏期講習の受験生日誌が完成。表紙には受験生に喝を入れるための言葉やメッセージをいろいろと載せてみたんだけれど、その中の一つがコレ。 親に頼んで塾に来させてもらっているヤツが、勉強から逃げるな。甘えるな。親...

日本で学歴社会がなくならない理由

日本で学歴社会がなくならない理由
「学歴社会なんて終わった」という人がいるが、そんなことはない。学歴よりも実力が大切だとかなんとか言ったって、結局はある程度の大学を卒業していないと就職活動をするにも不利になることが多いし、高卒じゃまともに相手にもしてくれ...

とにかく、才能ないヤツほど勉強しておけ

とにかく、才能ないヤツほど勉強しておけ
私は生徒に本音をズバズバ言うタイプなのだが、それでも本音を言っていいものかと躊躇してしまうときがある。それは、生徒面談で「将来の夢は野球選手です」とか、「将来はアイドルになりたい」とかという夢を語られた時である。相手が小...

神奈川県民の的確な意見に対しての教育委員会の回答が酷すぎる件

神奈川県民の的確な意見に対しての教育委員会の回答が酷すぎる件
今回導入された新しい入試制度に対しての県民の意見を、県教委は平成23年7月15日から8月15日まで募集していたそう(知っていれば自分も言いたい放題書いて送ったのに)。その結果が県教委のサイトで公表されているのだが、県民の...

新学力観は中学生の精神を疲弊させる

新学力観は中学生の精神を疲弊させる
イマドキの中学生の内申事情は、一昔前と比べて大きく様変わりしているのはご存知だろうか。私が中学生だったかれこれ17年前は「内申点がいいヤツ=頭がいいヤツ」という方程式が常識だったのだが、その方程式は今の時代には全くもって...

日本人は本当に英語ができない民族なのか

日本人は本当に英語ができない民族なのか
「中学から高校まで6年間、大学まで入れると10年間近く学校で毎日のように英語を学習しているのに、英語がちっとも話せるようにならない。だから日本の英語教育は間違っている!」という批判はよく耳にする。こういう超短絡的すぎる英...