過去実績データ

慧真館が大切にしているのは、「合格数」よりも「合格率」です。生徒一人ひとりが希望の高校に合格することを第一に考え、一人ひとりの希望に合わせた確かな進路指導を実施しています。その結果、開校から13年間で96.7%の第一志望合格率を実現しています。

進学実績

国公立高校合格率 96.7%

進学実績内訳

湘南・横浜翠嵐・厚木等
学力向上進学重点校 20.8%

平塚江南・小田原・秦野等
旧トップ校 60.4%

その他 18.8%

2021年度進学実績(13期生:15名)

  • 厚木(5名)
  • 小田原(4名)
  • 平塚江南(1名)
  • 横浜国際IBコース(1名)
  • 山手学院(1名)
  • 法政国際(1名)
  • 日大藤沢(1名)
  • 平塚学園(1名)

詳細:2021年度入試結果のご報告

2020年度進学実績(12期生:14名)

国公立受験校、私立専願校全員合格!

  • 厚木(1名)
  • 小田原(5名)
  • 平塚江南(2名)
  • 秦野(2名)
  • 国立沼津高専(1名)
  • 桐光学園(2名)
  • 平塚学園(1名)

※オンライン指導生含む

2019年度進学実績(11期生:8名)

公立受験校全員合格!

  • 横浜翠嵐(1名)
  • 厚木(2名)
  • 平塚江南(1名)
  • 小田原(2名)
  • 秦野(2名)

詳細:2019年入試結果のご報告

2018年度進学実績(10期生:12名)

公立受験校全員合格!

  • 厚木(2名)
  • 小田原(1名)
  • 平塚江南(2名)
  • 秦野(4名)
  • 大磯(1名)
  • 向上(1名)
  • 日大藤沢(1名)

詳細:2018年入試結果のご報告

2017年度進学実績(9期生:12名)

  • 湘南(1名)
  • 厚木(3名)
  • 小田原(2名)
  • 秦野(4名)
  • 日大藤沢(1名)
  • 相洋(1名)

詳細:2017年入試結果のご報告

2016年度進学実績(8期生:11名)

公立受験校全員合格!

  • 小田原(3名)
  • 平塚江南(2名)
  • 秦野(3名)
  • 海老名(1名)
  • 西湘(1名)
  • 東海大相模(1名)

詳細:2016年入試結果のご報告

過去5年卒塾生全進学実績(2016〜2021)

公立高校

  • 横浜翠嵐高校(1名)
  • 湘南高校(1名)
  • 厚木高校(13名)
  • 小田原高校(14名)
  • 平塚江南高校(6名)
  • 横浜国際高校(1名)
  • 秦野高校(12名)
  • 大磯高校(1名)

国私立高校

  • 沼津高専(1名)
  • 山手学院(1名)
  • 桐光学園(2名)
  • 法政国際(1名)
  • 日大藤沢(3名)
  • 平塚学園(2名)
  • 向上(1名)
  • 相洋(1名)

保護者の声

13期生保護者K様
13期生保護者K様

岸本先生・湯山先生、異例ずくめのこの1年、本当にお疲れ様でした。
世の中が大変な状況の中、先生は俊敏に的確に今後のことを私達保護者にお知らせ下さり感謝しています。そのお陰で安心して過ごすことが出来ました。
早生まれの我が子は、あと数日遅ければ次の学年でしたが、これには私も少し責任を感じ、この子が遅れをとらない様に少し早めにスタートさせたい思いから、4年生からお世話になりました。小学生のうちは、毎月の会報に載るテストランキングで、その月のお小遣いを決めていたので、本人も必死でした。ある時、ランキングがかなり違っていた時があり、その時は確か、本人が先生に電話して訂正してもらった記憶もあります。懐かしい思い出ですが、その節は大変失礼致しました。
そして6年後の受験当日、玄関で「今までありがとうございます。行ってきます。」と、力強く言ってくれた我が子の後ろ姿を見送りながら、ウルっとしましたが、勉強以外の、こういう言葉も教えてくださる先生に感謝しています。
我が家は8年間、2人の子供を共に育てて頂き、本当にありがとうございました。
今日で親子共々、卒塾です。
慧真館の益々のご発展をお祈りしております。
卒塾しても、先生のつぶやきは覗かせてもらいますね。

13期生保護者匿名希望様
13期生保護者匿名希望様

娘の塾を探し始めたのが4年生の夏。ネットで色々探し回っていました。ふと目に止まったのが慧真館。岸本先生の熱いブログに惹きつけられ、どんどん読み進めていくうちに、過去のブログまで遡りほとんど全部読んでしまったほどです。
そして私はこの先生に教わりたい!!この塾に通わせたい!!と願わずにはいられませんでした。そして入塾テストの日、テストに向かっている子に頑張れのエールをひたすら送り続けました。算数はギリギリの点数でなんとか入塾OK。その時に岸本先生から「ここに通う気持ちはある?ここ厳しいよ」と言われ…暫しの沈黙…そして「はい」の言葉。この言葉にホッとしたのを覚えています。
そして、入塾してもすぐには成績があがらない事を言われていましたが、まさにその通りで、ずっと踠き苦しんでいました。そして踠き苦しむ事はずっと長いこと続き受験期まで来ました。何も喋らなく落ち込んでいた時は数知れず。この苦しんだ時間、苦しんだ量は、この子にとって大きな宝となったと思います。勉強だけではない、たくさんのことを慧真館で学ばせてもらいました。そのことに心から感謝しています。
今この文を書きながらも、感謝の思いが溢れ出ています。
岸本先生、湯山先生、我が子を長い間指導して頂き心から感謝しています。
これからも沢山の子が慧真館から羽ばたいていくことと思います。慧真館の発展繁栄を願っております。
お身体に気をつけてください。本当にありがとうございました。

13期生保護者I様
13期生保護者I様

長い間、娘の学習を支えてくださり、大変ありがとうございました。
振り返ってみると、この3年間、私の願いは「娘の努力がむくわれて欲しい」という事だけでした。入塾当初、本人は小田原高校を目指しており、私も主人も「小田原高校に入学できたらいいな」と思っていましたし、「このまま努力を続けていたら大丈夫そうだな」と安心もしていました。その娘に、他の高校を(立ち話的に)それとなく勧め、娘が一ランク上の学校を志望し始めた時は、湯山先生を少し恨みもしましたが、おかげ様で成績も上がり、私自身では取ったことがない高偏差値を持ち帰るようになり、この度、志望校に合格することができました。これも慧真館の熟練進路指導のおかげと思い感謝しております。
また、岸本先生の対処方法はいつも明快で、信頼できるものでした。特に今年度はCOVID19の影響で学校が休校になる中、早々にGoogleクラスルームとZoomを使用した学習環境を整備してくださり、生徒の学習の遅れを生じさせまいと先生が迷われながらも前向きに、この状況に対処されていることを感じ、より信頼感が増しました。
最後になりましたが、慧真館で3年間ご指導いただき、卒塾式を迎えることができました事を、心より感謝申し上げます。ぜひこの慧真館を益々発展していただき、私の孫の代でも存在し続けて欲しいと願っております。
本当にお世話になりました。

13期生保護者匿名希望様
13期生保護者匿名希望様

ずっと受験に対して本気になっている様に見えずとても不安でした。
しかし、最終面談の時悩みながら決断してからの頑張りは、親から見てもビックリする程でした。目標が定まった事、努力することが普通にできる子達が身近にいる事、何をどうしたら良くなるのか先生方が的確に示してくれた事、すべてが頑張りにつながったのだと思います。
3年間、積み重ねてきた信頼ある先生方の言葉だからこそ素直に受け入れ、自分の勉強法に自信を持つことが出来たのだと思います。
これから先、信頼できる先生と出会えた事は子どもにとって大きな財産になると思います。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

13期生保護者A様
13期生保護者A様

小6から通い始め4年間、高校入試に向けた学習方法、勉強に取り組む姿勢、そして何より「自分の力を信じる」という事を、教えて頂いたと思います。
丁寧な進路指導のお蔭で、保護者、子供、共に不安なく受験にチャレンジ出来たこと、大変感謝しております。
コロナ禍で通常と違う状況下の中、合格できた事はこの先の将来、大きな自信につながったと思います。
本当にありがとうございました。

13期生保護者K様
13期生保護者K様

3年間、お世話になりました。
長男の時を合わせると6年間ですね。本当に、ありがとうございました。
いつも、ブログやツイッターで授業の内容や常に最新の受験情報を配信してくださることや、年に数回の面談時、子供の状況について包み隠さず的確に助言していただき、とても信頼ができ、安心して子供を預けられる塾であることを、これから受験を迎える家庭に宣伝したいと思っています。
息子についてですが、最後の最後まで多大なるご迷惑をおかけし続けたことを大変申し訳なく思っています。そして、卒塾まで慧真館の塾生でいさせて下さったことを有り難く思います。
1,2年生の頃、勉強することに全く身が入らず、先生の言うことを聞かず、何のために塾に行っているのか分かりませんでした。息子の部屋で「再々々々試」と書かれた小テストを見た時の衝撃は忘れられません。いつ、退塾というレッドカードを出されるか、本人ではなく親の方が不安で、再試ボックスを覗いたこともありましたね。今では懐かしい思い出です。そんな状況でも、本人は「退塾はしない。途中で逃げるようなことはしない。」と言っていました。その根拠はいまだに不明ですが、負けず嫌いな性格と、きっと難関塾と言われている慧真館の塾生であることに誇りを持っていたのだと思います。
そんな息子が、3年生の後半、勉強に対する意識・態度が徐々に変わり始めたのを感じた時、改めて、慧真館に預けていて良かったと思いました。明らかに厳しいと分かっていながらも(本人は勿論、受かる気でいましたが)、本人の希望校を受験させてもらえたことが息子の勉強に取り組む気持ちを変えたと思います。また、合格手帖に書かれた先生の言葉を何回も読み返し、勉強するエネルギーとしていました。
この3年間で息子の勉強に対する意識・姿勢の変わり様は見違えるものとなったのは確かであり、それは先生の息子に対する的確な指導のおかげであったことは間違いありません。もっと早くから分かっていて行動していれば、結果はもっと良いものとなっていたかもしれません。でも、そのことを含め、自分のことを理解してくれる先生と出会い、正面から向き合い、受験に向かって勉強した経験は、この先、息子の人生で役に立つことは明確です。
長男の時(5年前)と比べ、高校受験に関する状況や家庭の考え方が変化していることを感じました。今年は新型コロナウィルスという目に見えない敵も現れ、世の中の状況も変わりました。しかし、そのような中でも柔軟に対応していけるのが慧真館の強み、先生たちの魅力だと思います。卒塾生の保護者として、慧真館のますますのご発展を心より祈っております。

13期生保護者S様
13期生保護者S様

無事に卒塾式を迎えられたことを大変嬉しく思います。
3年生でまさかの「緊急事態宣言」。本来なら部活動の最後の大会に力を注ぎ、そして受験に向けての勉強のスイッチが入る頃。すべてが止まってしまった事で、すっかり気持ちがOFFになってしまった子供の姿を見て、「これはまずい!!」と思う毎日でした。
ありがたい事に塾のオンライン授業が始まり、少しホッとしたのもつかの間、色々と誘惑の多い家だとダメなのです。この時、環境って大事なんだなと改めて思いました。
もともと自分に甘く「どうにかなるさ」の性格。そんな息子の生ぬるい気持ちを厳しく背中を押し、真剣に取り組む「本気」に気持ちを切り換えていただきました。
思い返せば、入塾時は国語力が乏しくて、がんばりますと涙の決意で入塾。志望校決定時は、最後の最後まで悩み、泣きながら、自分の本心と向き合い、信念を曲げずにつらぬいて決断。始まりと終わりは涙でした。
合格発表で花が開いた時は、2人でハイタッチをしたあと、私が最後に涙してしまいました。
貴塾からはたくさんの学びを頂きました。勉強はもちろん、心の成長もたくさんさせて頂きました。
また、先生方には、長い間共に見守り、育てていただき、心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

13期生保護者H様
13期生保護者H様

6年生の12月からお世話になりました。塾に入ると決めてから3年4ヶ月、一度も塾に行きたくないとは言いませんでした。自分ひとりでは勉強できないから、むしろ塾に行かなければダメだと思っていたのでしょう。結局、最後の最後まで慧真館の指導方針である自学力を息子は身につけることができなかったのかもしれません。合格手帖で毎週毎週丁寧なコメントをいただいているのをこっそり拝見していましたが、岸本先生にどんなに叱られても本人は平気で自ら勉強する事はありませんでした。それでも塾に行けば集中して勉強することができました。塾には頑張っている仲間がいたからです。
中3の第2回目の面談で、岸本先生に言われたことは息子の心に響きました。「まだ何も始まっていないのに、これからなのに、安易に志望校を下げるのか、そうやってこれから先も楽な方へと逃げていくのか。」高校受験だけではなくその先の人生のことも考えて話してくださっていることが息子にしっかり伝わっていました。受験直前最後の面談で合格の可能性は五分五分と言われても、諦めることなく第一志望を貫いたのは私も驚きました。
私が何十年前も通った高校に、息子が通うことになるとは想像もしていなかったので、単純に嬉しく思っています。一人で勉強することが苦手な息子がここまで頑張ってこられたのは、岸本先生、湯山先生が生徒一人ひとりをしっかりみて、真剣に生徒のことを考えて叱咤激励してくださったお陰だと思います。そして慧真館でともに勉強してきた仲間がいたからこそ頑張ることができました。
ただ家から一番近い塾だから、送り迎えがなくて便利だからという親都合の安易な理由で息子に勧めた塾が、こんなにも素敵な塾だとは思いませんでした。本当にありがとうございました。

13期生保護者匿名希望様
13期生保護者匿名希望様

小学生の時からお世話になり、親子共々とても感謝しています。
通塾している保護者の方の評判や、ブログを拝見し、理念や熱血指導にひかれて子供に勧めました。
面談は、親も緊張しました。勉強面だけではなく、学校の先生には言われた事のない子供の一面を指摘されたり、精神的な成長を聞き安心した事もありました。
親の言うことを聞かない思春期に、子供の性格もよく理解して指導して頂けるので、勉強のことは塾にお任せしておけば大丈夫と、とても心強かったです。
厳しい塾と言われていますが、当たり前の基準が高く、手を抜きづらい事が良かったです。部活後ヘトヘトでも、少しぐらい体調が悪くても、休むと後で自分が大変なのはわかっているので、簡単には休めません(+休ませません)。
定期テスト前、受験期の「カンヅメ」もありがたく、勉強体力がついたと思います。
一年前に学校が休校になり、不安な中での受験生スタートでした。塾では、オンライン授業と課題の配信があり、本人は「学校行って、普通に塾に行きたい」とこなすのが大変そうでしたが、親の方は、やはりこの塾で良かったとほっとしたのを覚えています。
受験本番の自己採点結果が思わしくなく、私の方は動揺して発表まで落ち着きませんでしたが、本人は「この塾にいて合格しないわけがない!」と自信を持って言いました。改めて、塾への信頼の高さに驚きました。
本当にありがとうございました!

13期生保護者U様
13期生保護者U様

6年間、お世話になりました。
小3の時に見た慧真館のブログがきっかけで、湘南高校に憧れを持つようになりました。正直「絶対無理!」と思ったのですが、娘の強い想いと勉強する原動力になっていたので、見守り励まし続けました。先生方も娘の気持ちを尊重し、温かくまた厳しく指導してくださいました。
中学生になり努力しても思うように学力が伸びず低迷していた時も、娘に寄り添い指導してくださいました。娘も腐らず諦めず努力する大切さを学んだと思います。
最終面談の時、先生は正直に現状を伝え、娘を真剣に見つめ決断を待ってくださいました。志願変更をしましたが、最後まで諦めないで努力したからこそ、ここまで学力が伸びたのだと思います。
慧真館に通った6年間は、娘のこれからの人生の中でとても大切なものになると思います。
今、次に向かって動き出している娘を見ていると、とても誇らしく頼もしくも思います。
慧真館に通えて心から良かったと思います。長い間ご指導ありがとうございました。また、もうしばらくお世話になりますが、よろしくお願いします。
13期生の皆さんへ。
同じ志を持った仲間がいたからこそ、最後まで頑張れたと思います。皆さんありがとうございました。

13期生保護者S様
13期生保護者S様

慧真館で13期生の皆さんと一緒に学び成長できたことに感謝申し上げます。
中学1年生の3回目の点数が、落ちる所まで落ちて、自宅での学習に限界を感じ、慧真館へ中学2年生になる春期講習からお世話になりました。入塾後は信頼できる先生と学ぶ場所ができ、楽しそうに通っていました。
皆さんについていけるのか心配しましたが、慧真館の方針は娘に合っている様でした。厳しい塾ですし、仲の良いお友達がいるわけでもない。でも意識の高い仲間と真剣に勉強に向き合えるとても貴重な場所でした。
成績も上がりいよいよ受験生となる…その矢先の緊急事態宣言は、とても不安でした。宣言当日の岸本先生のブログを、頷きながら真剣な表情で読んでいる娘の姿を覚えています。先生の本気がちゃんと伝わっているのだと安心しました。
受験期では、難しい挑戦でしたが、最後までご指導ありがとうございました。娘が自分で目標を決め挑めた事、たくさん努力した事、そして成長できた事は、親子共に良い経験となりました。
先日、娘が岸本先生とお話しでき、明るい表情で帰ってきました。私たちも娘の気持ちをどう切り替えたら良いか、途方に暮れていましたので、前向きになって塾から戻り、感動しました。次の目標に向かって歩き出してくれそうです。
最後になりますが、岸本先生、湯山先生、娘をあたたかく見守ってくださり、ありがとうございました。娘は、いつも塾から帰ると良い表情をしていました。充実した良い時間を過ごせていたからだと思います。
お世話になりました。

13期生保護者S様
13期生保護者S様

岸本先生、湯山先生、コロナ禍という困難な状況の中、子どもたちを優しく、熱く、導いてくださり、ありがとうございました。
部活や行事で燃え尽きることもなく、高校見学もしないまま突入した受験でした。
初めて息子から志望校を聞いたとき、岸本先生は目を白黒させていましたね。掴みどころのない息子でしたが、志望校を口にしてから、少しずつ変わりました。
こたつで居眠りをしながら勉強するなんて、想像したことがありませんでした!!ギリギリまで高い目標に挑み続けた息子は、明らかにこれまでと違うステージにいました。
高校進学だけでなく、息子は慧真館で、努力の仕方を学び、努力すれば結果がついてくることを初めて知り、自分の進路を決断するという経験をしました。これら全てが息子の財産です。
この年代に、慧真館で先生方と出会い、頑張りあえる友人たちと出会い、数年をともに過ごせたことに、本当に感謝しています。
ありがとう!

13期生保護者H様
13期生保護者H様

娘は慧真館にお世話になるまで何かに全力で取り組んだという経験がなく、当然最初は授業について行けず泣きながらの通塾が続きました。もし、ここで辞めていたら、娘は本当の頑張りを知らずに終わっていたでしょう。
優秀な生徒さんたちに囲まれ妥協せず勉強していくうちに、娘の勉強に対する意識も少しずつ変化していきました。
ですが、不運なことに、今年度はコロナ禍で受験生も例外なく次々と勉強する場を奪われていきました。そんな中、労を惜しまずオンラインという形で授業や添削をして頂き、前例のない状況にも関わらず勉強にほとんど不自由さを感じませんでした。
また、勉強だけでなく精神面でも支えて頂きました。
受験期は娘なりに色々な葛藤があり、直前の模試ではプレッシャーのあまりひどく点数を下げ、その日娘は不安と絶望で泣き崩れました。気落ちする娘に寄り添って頂き、幼い15歳なりの決断を尊重し、肯定してくださった時、受験は志望校に合格することだけでなく、子供が成長し自立する為のものなんだと、受験の本質を見たような気がしました。
志望校が決まり迷いがなくなってからの娘は、本当によく頑張っていたと思います。
慧真館の先生方や13期生の皆様のお陰で、コロナ禍の受験を全力で戦うことができました。本当に良い受験ができたと思います。ありがとうございました。

13期生保護者H様
13期生保護者H様

1年間、大手塾に通い、公立中高一貫校を受検しましたが、力及ばず。地元の中学校に通うことになり、「塾には行きたくない」と言う娘の気持ちを尊重し、1年間はZ会で自宅学習をしていました。
定期テストは特別悪いわけではありませんでしたが、なんとなく感じる要領の悪さ、手付かずの教材等…自分の勉強の仕方に疑問を持ち始めた頃、有料相談をさせていただき、その後目指す高校ができ、「塾には行きたくない」ブームも去ったとのことで、娘の意志のもと、2年生になる前の春期講習から入塾させていただくことができました。
目をしっかりと見て話してくださる岸本先生と娘、目力のある双方が、入塾の意志確認時にバチっと見合っていた姿が、今でも忘れられません。これが娘の慧真館Lifeの始まりでした。
娘の“塾”への不信感は、いわゆる“大手塾”(同じ学校の人が大勢いる/塾内順位=スクールカースト/後出しで追加される講座=親への負担)へのものでした。ですから、慧真館は、娘にとって本当にピッタリな塾であったと言えます。何より、本好きの娘にとって慧真館の蔵書は、ツボだったようです。卒塾後も本を借りに行きたいなぁ、本の買い出しバイトをしたいなぁと申しております。
中学受検が叶わなかった経験からか、時折「自分には成功体験がない」等と言い、根底にある自信のなさがチラつくことがありました。塾内テストの順位は上がったり下がったりでしたが、人との比較ではなく(優秀な仲間がいたことは目標となっておりました)、自分の努力の結果が、数字というわかりやすい形で提示されることで自信につながっていったと思います。
コロナでの休校措置の時、慧真館はどこよりも早く指針を打ち出し、GoogleクラスルームやZoom授業で対応してくださったことは、信頼と安心感を与えてくださいました。
娘には、岸本先生はいつも本気でぶつかってきてくださり、湯山先生は論理的に詰めて納得させてくださる先生と映っていたようです。「慧真館は居心地が良かった。先生は本気で接してくれ嘘を言わないので、信じられたし、その先生が入試直前に『できる!』と言ってくださったから、今までは自分を信じることができなかったけれど、信じることができた。」と言ったのを聞いた時は、熱いものが込み上げてきました。岸本先生や湯山先生が、生徒一人一人の個性をよく見てくださりながら、ベストなタイミングで叱咤激励をしてくださっていたのだなと思います。
入塾当初とは目指す高校が変わりましたが、本人の希望を尊重し、懇切丁寧に最後まで付き合ってご指導くださり本当にありがとうございました。
中学3年間を経て、ここでやっと今「今思えば中学受検の時は、今回ほど真剣にやっていなかった。あの時ダメだったのは、(ここまで惚れ込んだ)高校に出会うために良かったのかも」と言えるようになっていました。
慧真館での学びは、これからも娘の糧になると思います。出会えたことに、親子共々感謝しております。
どうもありがとうございました。

卒塾生の声

小田原高校進学/Hさん
小田原高校進学/Hさん

慧真館は1学年の人数が少ないので、その分先生は一人一人の塾生と向き合い、それぞれの受験を全力でサポートしてくださいました。慧真館は厳しい塾と言われていて、確かに厳しいですが、それだけ熱心に塾生の学力を伸ばそうとしてくれていたと思います。
受験期が近づくと、合格手帖というものが配られ、自分にあったアドバイスを書いてくれたり、休みの日も家では集中して自習ができない人たちのために塾を開けてくれたりしました。また、今年はコロナ禍で学校や塾に行けない時期があったけれど、自宅にテストなどのプリントを送ってくださって、Googleのクラスルームを活用してテストを採点してくれたり、リモート授業をしてくれたりして、どんなことがあっても塾生を最初から最後まで見てくれました。塾に行くのが辛くなる時期もあったけれど、それでも通って良かったと思える塾でした。本当にありがとうございました。

横浜国際高校IBコース/Hさん
横浜国際高校IBコース/Hさん

今年は新型コロナウィルスの影響で学校の授業が受けられない状況からスタートしました。そんな中でも不安を感じずに自分のやるべきことを進められたのは、慧真館の対応が本当に速く(日本政府よりも速かったと思います)また、「これは大逆転のチャンスにもなる」と岸本先生がおっしゃったのを聞いて、本当に慧真館で良かったと思いました。
いつも清潔で本がたくさんある慧真館は居心地が良かったです。2年間ありがとうございました!大好きです。

平塚江南高校進学/S君
平塚江南高校進学/S君

受験に関しては本当にあっという間でした。1日1日がすぐに終わって、「時間が欲しい」と思う毎日でした。悩んで泣いて笑って大変だったけれど、なんか楽しかった気がします。とても良い人生経験になりました。小学生の頃から本当にお世話になりました。知識はもちろん、自分で考える力、人としても成長することができました。最初は嫌だった塾も、早く行って勉強したいと思えるくらい居心地が良かったです。本当にありがとうございました。

小田原高校合格/K君
小田原高校合格/K君

僕が4年生の時に入塾してから6年経ちますが、本当にこの塾で良かったです。時期に合わせて授業内容を考えてくださり、とても勉強しやすく、授業中は良い緊張感を持つことができ、勉強が楽しかったです。合格手帖は途中面倒臭いと思ったこともありましたが、受験の時や受験勉強の時、先生の熱いコメントに勇気をもらえました。卒塾生から応援された時、本当にあたたかく、愛されている塾だと実感しました。将来、ここで教わったことは忘れてしまうかもしれませんが、培った勉強方法や努力の仕方などを生かして頑張りたいと思います。今までありがとうございました。

厚木高校/Sさん
厚木高校/Sさん

3年間ありがとうございました。慧真館では勉強だけでなく、勉強のやり方や時間の使い方なども学ぶことができました。
正直3年の夏休みくらいまではあまりやる気もなく、基礎も疎かにしていたため、受験勉強では基礎知識を叩き込むことに苦労しました。高校では短期記憶にならないように何度も反復することを心がけたいです。これからも頑張ります!