新着記事

人生で初めて見つけた希望を簡単に諦めるんじゃない。

人生で初めて見つけた希望を簡単に諦めるんじゃない。
10期生の英語が酷いです。10月の第4回の全県模試でも英語の平均偏差値が60ちょうどと、数学の68よりも8ポイントも差が付いています。毎回続けている文法特訓の平均点も、昨年度までの卒塾生と比べてもかなり低い。「文法特訓は...

約1ヶ月間、自塾プリントのダウンロード販売を試してみての感想を書いてみようと思う。

約1ヶ月間、自塾プリントのダウンロード販売を試してみての感想を書いてみようと思う。
ツイッターでも告知しましたが、今週の月曜日に文法特訓シリーズのNo.6とNo.7を追加しました。「1個1個買うのが大変」という意見をいただきましたので、No.1〜No.8までをまとめたセットを今月末にでも販売する予定です...

H29年度平塚江南高校特色検査分析と対策法:平塚江南に特別な対策は必要ない!

H29年度平塚江南高校特色検査分析と対策法:平塚江南に特別な対策は必要ない!
厚木高校の特色検査分析に続いて、今回は平塚江南の特色検査についての記事です。平塚江南は、H30年度の入試から、第1次選考での特色検査の比率をこれまでの2割から1割へと減少するということをすでに発表しています。ただし、第2...

大切なことなので、入試における成績1点分の重みについてもう一度説明しておこうと思う。

大切なことなので、入試における成績1点分の重みについてもう一度説明しておこうと思う。
中3生の進路面談が続いています。この面談では、生徒それぞれの志望校の昨年度の合格者平均値から、現在の内申点の持ち点と面接予想点を引き算し、入試当日取らなければいけない学力検査の目標点数を出しています。 中には「え、こんな...

計画倒れを防ぎつつ、計画的に受験勉強を進める方法。

計画倒れを防ぎつつ、計画的に受験勉強を進める方法。
今日の中3生の進路面談で、受験勉強の計画の立て方の話になりました。 受験勉強は長期戦です。無計画に行き当たりばったりの勉強を繰り返しても、目標の点数には届きません。かといって、長期間、ガチガチに細かな計画を立てたとしても...

10月全県模試の団体偏差値は66でした、が。

10月全県模試の団体偏差値は66でした、が。
10月1日実施の全県模試の結果がWEBのサポートサービスで判明しました。個別の帳票が返ってくるのは明日以降になります。 10月1日の全県模試は、今の中3生にとって初めての塾内以外の場所で受験する会場模試でした。勝手知った...

文法特訓の販売数が週間ランキング1位と2位になりました。

文法特訓の販売数が週間ランキング1位と2位になりました。
先週より試験的に始めた文法特訓のダウンロード販売ですが、こちらの予想以上の売れ行きで、販売しているサイト『DLマーケット』の教育・学習・受験カテゴリー部門の週間ダウンロードランキングで1位と2位になりました。 予想以上の...

入試まで4ヶ月!親のイライラを生む3つの要因と対処法。

入試まで4ヶ月!親のイライラを生む3つの要因と対処法。
気がつけばもう10月も中旬、神奈川県の公立入試まで約4ヶ月となりました。うちの塾でも、現在2回目の進路面談の真っ最中です。この時期は、前期の成績とにらめっこしながら併願私立高校の絞り込みや、模試の得点の取り方を分析して本...

一歩ずつ

一歩ずつ
去年のゴールデンウィークあたりから登山を始めた。それ以来、塾が休みの日はほとんどどこかの山に登っているくらい、登山にハマっている。登山2年目の今年は、中央アルプスの木曽駒ケ岳や南アルプスの仙丈ケ岳、北アルプスは唐松岳、八...

H29年度厚木高校特色検査分析と対策法:「量より質」からの大転換。

H29年度厚木高校特色検査分析と対策法:「量より質」からの大転換。
2017年度の特色検査研究第一弾は厚木高校です。 2017年度入試からマークシートが導入されたり、採点済みの答案用紙のコピーが返却されるようになったことが、各高校の特色検査にも少なからず影響を与えました。採点基準が曖昧に...

公立高校を目指す受験生のための過去問活用術

公立高校を目指す受験生のための過去問活用術
10月を過ぎてくると、いよいよ世間は受験を意識し始めるためか、過去問についての質問が多くなってきます。その中でもよく聞かれるのが、「過去問はいつから取り組めば良いのか」「何年分取り組むべきか」「入試までに何回繰り返せば良...