受験まであと98日。諦めるにはまだまだ何もしていないんじゃない?

気が付けば神奈川県の公立入試まで、すでにあと100日を切りました。11月9日水曜日の今日の時点では、あと98日です。

今から98日前は8月3日

98日と言っても、それがどのくらいの期間なのか、長いのか短いのか、あまりピンとこない人も多いことでしょう。そんなときは98日前を考えてみてください。今日11月9日から98日前は8月3日です。8月3日から今日までの期間と全く同じだけの日数が残されています。そう考えると、結構時間がないことが実感できるでしょう。

かといって、今の時期から何かを諦めたり、自分には無理だと思う時期でもありません。というよりも、何かを諦められるほど、まだあなたは何も成し遂げてはいませんし、自分に無理だと悟る境地に至れるほど、あなたはまだ自分の能力をほとんど伸ばそうともしていません。

本当によくいるんですよね。本当は行きたい高校があるのに、もっと上を目指したいと思っているのに、「自分には無理です」とこの時期から簡単に言ってしまう子。無理って言うほど、アナタまだ何もしていませんよね?って突っ込みたくなってしまう。

高校受験生にとって、この時期というのはまだ何も始まっていないのです。というよりも、入試98日前の時点では、まだほとんどの人が「受験生」にすらなりきれていない。諦めるとか諦めないとか、無理とか無理じゃないとか言う前に、まずは受験生になることから始めましょう。

これからの受験勉強の方法については、2年前に書いた記事「入試まであと100日!この時期からの受験勉強法。」を参考にしてみてください。2年前の記事だけど、今でも十分この方法で通用します。

受験勉強は1週間タームで考えるとうまくいく

2年前の記事にひとつ付け足すと、受験勉強をするとき、できるだけ短いタームで区切って計画を立てた方が良いよということです。入試まであと98日ですが、じゃああと98日で何をやろうこれをやろうと計画を立てても、典型的な3日坊主になることが目に見えています。

受験勉強は1週間タームで計画を立てるようにすると、計画を立てるのも実行するのもフィードバックもやりやすくなります。98日を7で割ると14週です。入試まであと98日と考えるのではなく、入試まであと14週と考えるのです。

そして1週間単位でやることを決めていきます。どれだけ苦手な分野に取り組むときも、あまり週をまたがない方が良いです。週をまたぐとダラダラしてしまい、1週間でタームに区切る意味がありません。必ずその週以内で終わるように計画を立て、実行していきます。これを14回繰り返していきましょう。

毎年うちの塾の受験生に持たせている合格手帖も、1週間タームで予定を立てるような設計になっています。

合格手帖'
現厚木高校生が3年前に綴っていた「合格手帖」

まとめ

受験には根性も必要ですが、決して根性論だけに走らないこと。「一日10時間勉強する!」「一週間でこの問題集を全部終わらせる!」とか、根性論丸出しの非現実的な目標を立てても、どうせ実行できません。

また、一番ダメなのは、「頑張るっっっ!!!!!」という目標。頑張ろうとする気持ちは認めますが、「頑張るっっっ!!!!」ことは目標とはなりません。

受験は志望校に向けての熱い気持ちと、冷静に自己分析する冷めた頭脳の両方が必要です。逆に言うと、熱い気持ちと冷めた頭脳があれば、どんな逆境でもまだまだどうにかなる時期です。

どうにかなる時期の間のうちに、どうにかしましょう。どうにかするために、まず最初の一歩をすぐに踏み出しましょう。

スポンサー広告

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. このような時期にすいません。いつも拝見させていただいております。今年西湘高校を目指している者です。最近Wもぎを受けまして、英語以外の教科で70点平均程度とれたのですが、英語が圧倒的に欠落していて、45~55点止まりと全体の偏差値を下げてしまっているのが現状です。これから先.優先されるのは英語の底上げなのか、得意教科で85~90とれるようなレベルまで引き上げるのか、どちらが効果的なのでしょうか?教えていただければ幸いです。ちなみに英語の弱点を挙げるならば、読解になります。長々と失礼しましたm(__)m

    • 英語の読解が脚を引っ張っているということですが、読解ができない理由は多岐に渡ります。
      たとえば、文法が弱いために一文の構造を把握しにくいことが原因で読めないのか、言語能力が低いために上手に意味を日本語に変換できないのか、語彙力の問題なのか、スピードの問題なのか・・・。
      その原因が分からないと、英語を捨てるべきか、英語を強化するべきかの答えが変わってしまいます。

      ひとつ言えるのは、あと60日足らずで英語はなかなか底上げが難しい科目です。であれば、他の科目を強化するのも手という考え方もできます。
      ただ、西湘志望ですよね?英語が55点としても、他の4教科平均70点であれば、5教科335点。2次選考から考えると十分な気もしますが・・・。

コメントする