国語ができない子は何が分からないのかを、入試論説文から検証する。

国語ができない子は何が分からないのかを、入試論説文から検証する。
この記事でいただいたコメントに記事のアイデアのヒントを得たので、今日は神奈川県公立入試の国語について書いてみたいと思います。 最初に断っておきますが、このブログを書いている私自身は国語の担当講師ではなく、この記事の見解は...

小学生読書会「エーミールと探偵たち」

小学生読書会「エーミールと探偵たち」
今日は小6生の読書会の日でした。9月〜10月の課題本は「エーミールと探偵たち」です。 この作品は、昨年の読書会でも課題本として取り上げたので、私自身は読むのが2回目になりますが、良本は何度読んでも良いものです。児童書とは...

2017年全国高校入試国語出典本を調査してみた件

2017年全国高校入試国語出典本を調査してみた件
夏期講習が終わったと言えばこの調査!今年も、2017年の全国の高校入試国語出典本を調査してみました。 参考: 2016年度→2016年高校入試国語出典本を調査してみた結果。この本は読んでおけ! 2015年度→2015年高...

「飛ぶ教室」読書会開催レポート

「飛ぶ教室」読書会開催レポート
少し前の話になりますが、「飛ぶ教室」を課題本とした2回目の読書会を開催したので、今日はそのレポートです。 登場人物を整理 1回目の読書会では、登場人物の特徴と相関関係を整理していきました。 この「飛ぶ教室」は、やたらと登...

読書会課題本「飛ぶ教室」ーなんて素晴らしい作品だろう。

読書会課題本「飛ぶ教室」ーなんて素晴らしい作品だろう。
今日は今年度最初の6年生の読書会でした。 今月の課題本はエーリヒ・ケストナーの「飛ぶ教室」。 昨年度の読書会でも、ケストナー著の「エーミールと探偵たち (岩波少年文庫)」を読みましたが、個人的には「飛ぶ教室」の方が好きな...

現中2生と読書不足

現中2生と読書不足
さて今日から3月。いつまでも2017年度の入試を引き摺っているわけにはいきません。生徒たちに「前を向け」と言った以上、私自身も前を向いて、次の2018年度の入試に向けて着実に始動していきます。 次の2018年度入試は、慧...

読む力がないと、勉強してもほとんどが無駄に終わってしまいます。

読む力がないと、勉強してもほとんどが無駄に終わってしまいます。
小6生読書会の報告です。 ブックレビューを書くことは勉強になる 「西の魔女が死んだ」を2ヶ月かけて読み終わりまして、最終日に簡単なブックレビューを書いてもらいました。 今日の読書会にて。小6生による西の魔女が死んだのレビ...

塾講師が選ぶ、中学生になるまでに読んでおきたい名作10冊。

塾講師が選ぶ、中学生になるまでに読んでおきたい名作10冊。
久しぶりに読書会ネタを。 全体的に読解力が乏しい小6生のために今年の6月から始めた読書会ですが、月2回のペースで定期的に開催しています。この3ヶ月に読んできた本は、課題本としたものがふしぎ駄菓子屋 銭天堂と小学五年生、そ...

2016年高校入試国語出典本を調査してみた結果。この本は読んでおけ!

2016年高校入試国語出典本を調査してみた結果。この本は読んでおけ!
去年に引き続き、今年も2016年度高校入試国語で出題された出典本を調査してみました。 参考:2015年高校入試国語出典本を調査しました。読んでおくべき本はコレ! では早速いきます。 2016年度高校入試に最も多く出題され...

小6生で読書会をやってみた(後編)

小6生で読書会をやってみた(後編)
前回の記事「小6生で読書会をやってみた(前編)」の続きです。 読書会のスタイル ようやく課題本も決定し、今回は初めての試みということで課題本を塾から生徒にプレゼントする形をとりました。生徒への告知は読書会開催の2週間前に...

小6生で読書会をやってみた(前編)

小6生で読書会をやってみた(前編)
先週の金曜日、小6生クラスで初の読書会を開催しました。今日は、そのご報告がてらに読書会に至る経緯や様子を書いてみたいと思います。 読書会に至るまでの経緯 小6生で読書会をやろうと思った一番の理由は、小6生の国語力の低さか...

教育本を100冊以上読んできた私が、一番オススメしたい衝撃の一冊:「見える学力、見えない学力」

教育本を100冊以上読んできた私が、一番オススメしたい衝撃の一冊:「見える学力、見えない学力」
土曜日に偶然とあるブログに出会い、そこで紹介されていた本を早速購入して読んでみたところ、かなりの衝撃を受けてしまいましたので、今日のブログネタにしたいと思います。 ちなみにそのブログも強烈ですので、是非一度読んでみてくだ...