「慧真書店」開設!教材のダウンロード販売開始します。

BASEにてネットショップを開設し、10問テスト等うちの塾で使っている教材のダウンロード販売を開始します。

ネットショップの名称はいろいろ迷いましたが「慧真書店」にしました。10問テストや文法特訓等の教材を主に販売していく予定ですが、教材以外にも情報などをまとめたものや、LINEアットによる質問受付コース付きの教材なども、ゆくゆくは販売していきたいなと思っています。夢はどんどん膨らみます。

とりあえず中2中3の春期講習分の10問テストを販売してみました。これからコンテンツを増やしていきますが、春期の次は4月号、その次は5月号という具合に、基本的に1ヶ月単位で各学年の10問テストをまとめて販売する予定です。

今のところ中3生の10問テストのみ、うちの優秀な卒塾生アシスタントによる詳しい解説を付けています。それもあって中3生は1枚100円とちょっとお高めの価格設定です(春期号は6枚なので税抜き600円)。他の学年は問題+模範解答のみで様子をみようかなと思います。うちの優秀な卒塾生アシスタントに時間的余裕ができれば、他の学年の解説も書いてもらう予定です(ほかにも解説書きアシスタントを緩やかに募集中。我こそはという自称優秀な卒塾生は塾長まで連絡を。え、もう10問テストなんか見たくない?まぁそう言わずに・・・)。

また、今はDLマーケットに置いてある2017年度の文法特訓も、次第に慧真書店に移行していく予定です。
DLマーケット:https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=18363

10問テストの取り組み方


このような10問テストの取組み方マニュアルをそれぞれの教材につけておいたので、まずはしっかりと熟読し、必ずルールを守って実施してください。

10問テストはこのルールが命です。ルールを無視して制限時間を決めずにダラダラと解いたり、やり直しをおろそかにしたり、自分で考えずにすぐに諦めたりしてしまうと、いくら10問テストを解いても力はほとんど身につきません。

また、この10問テストはうちの塾生のカリキュラムやレベルに沿って作成しているため、学校で学習するペースとの差がどうしても生じます。各号の出題範囲を明確にしてあるので、その範囲を習得してから取り組むようにしてください。

うちの塾生のレベルで平均点が7点程度におさまるように作成しているので、7点を目安にすると良いと思います。

10問テストに関する思いの丈を熱く語ったシリーズがありますので、それも参考にしてください。


スポンサー広告

URL :
TRACKBACK URL :

コメントする