小学部

中学校でのトップ層を育成

算数・国語とも、学校の教科書をただなぞるのではなく、近い将来公立上位校に進学するための必要な学力を養う目的で、慧真館独自のカリキュラムにそって授業を進めます。基礎力の定着はもちろんのこと、算数は中学受験生にも負けない応用力と思考力を、国語は初見の文章問題を解くための論理的思考力を養成する指導を行っています。

公立上位校進学を目指している小学生、学校の勉強だけでは物足りない小学生にとって最適の学習カリキュラムです。

指導科目

慧真館の小学部は、これからの学力の基盤となる算数・国語の2科目に徹底的にこだわります。この2科目の力を小学生のうちに存分に身につけておくことこそが、その後の学力の基盤となるからです。

算数

学校よりも1ヶ月〜2ヶ月先の単元内容を勉強します。基本の習得をもちろん重視しますが、学校の内容よりもより深く、またより発展的な内容を扱いながら、数的センスや思考力のトレーニングをしていきます。

各単元の学習が終わると、「単元テスト」を実施。不合格の場合は、合格できるまで再試を課すことで、できないまま放ったらかしにはさせません。

国語

各教科の基盤となるのが国語力。国語の力が弱いと、中学進学以降、英語をはじめとする他の科目も思うように伸びていきません。慧真館は、小学生のうちこそ国語力を鍛えることを最優先課題と考えています。

厳選した教材を使用しながら、国語に必要な3つの力である「読む力」「語彙力」「論理的思考力」をバランス良く伸ばしていきます。

読書会

小さい頃は、そんなに勉強しなくてもよいから本だけはたくさん読んで欲しい。英会話を小さい頃から習っている子でも、英語をペラペラに話せる子はほとんどいませんが、小さい頃から本をたくさん読んできた子は、きちんと「文章を読み取る」スキルを高いレベルで習得しています。

小学生のうちの読書は、国語の力だけでなく、幅広い教養や知識を得るためにも必要不可欠です。慧真館では、小5・小6各学年とも、月2回の読書会を開催。国内外の小説や新書などを読み込んでいきます。

  • 小5生読書会:第2・第4木曜日
  • 小6生読書会:第2・第4金曜日

小学部入塾条件

  • 2学期制の公立中学校に進学予定で、公立上位校への進学を希望しているもの。
  • 体験授業を経て、自分の意志で入塾を希望していること。
  • 入塾適性検査(現学年までの既習事項)で5割以上の点数がとれること。
  • 体験授業を通して慧真館の指導方針を理解し、従うことができること。

2018年度コース一覧