13期生保護者様からいただいた声⑬

娘の塾を探し始めたのが4年生の夏。ネットで色々探し回っていました。ふと目に止まったのが慧真館。岸本先生の熱いブログに惹きつけられ、どんどん読み進めていくうちに、過去のブログまで遡りほとんど全部読んでしまったほどです。

そして私はこの先生に教わりたい!!この塾に通わせたい!!と願わずにはいられませんでした。そして入塾テストの日、テストに向かっている子に頑張れのエールをひたすら送り続けました。算数はギリギリの点数でなんとか入塾OK。その時に岸本先生から「ここに通う気持ちはある?ここ厳しいよ」と言われ…暫しの沈黙…そして「はい」の言葉。この言葉にホッとしたのを覚えています。

そして、入塾してもすぐには成績があがらない事を言われていましたが、まさにその通りで、ずっと踠き苦しんでいました。そして踠き苦しむ事はずっと長いこと続き受験期まで来ました。何も喋らなく落ち込んでいた時は数知れず。この苦しんだ時間、苦しんだ量は、この子にとって大きな宝となったと思います。勉強だけではない、たくさんのことを慧真館で学ばせてもらいました。そのことに心から感謝しています。

今この文を書きながらも、感謝の思いが溢れ出ています。

岸本先生、湯山先生、我が子を長い間指導して頂き心から感謝しています。

これからも沢山の子が慧真館から羽ばたいていくことと思います。慧真館の発展繁栄を願っております。

お身体に気をつけてください。本当にありがとうございました。

(13期生保護者匿名希望様)

スポンサー広告

URL :
TRACKBACK URL :

コメントする