教育論

受験生の親は、子の羅針盤であれ。応援団長であれ。

受験生の親は、子の羅針盤であれ。応援団長であれ。
今日は中3生対象の保護者会でした。最近は毎年大きな会議室を借りて、外部の方も受け入れて説明会をやっていましたが、今年は原点回帰ということで、いつもの教室で、中3生塾生の保護者の方のみを対象にこじんまりと、1時間30分みっ...

本当に努力できる人は、努力を努力だと思っていない。努力できる人とできない人の認識の違い。

本当に努力できる人は、努力を努力だと思っていない。努力できる人とできない人の認識の違い。
勉強が得意不得意にかかわらず、努力ができる人とできない人がいます。実際は、努力をしたからといって必ずしも勉強ができるようになるわけではありません。ただ、何か大きな目標を成し遂げる生徒、不合格の判定をひっくり返して逆転合格...

英数国理社の学力よりもメタ認知能力が、テストや受験を左右する。

英数国理社の学力よりもメタ認知能力が、テストや受験を左右する。
最近、というよりも新年度が始まってからずっと、中2生に毎日のように叱っています。例年は、まだまだ小学生気分を引きずっている中1生や、受験生なのに中2気分のままの中3生の方が注意されることが多いのですが、今年は圧倒的に中2...

「男の子は後半に伸びる」はウソか本当か。塾講師が考える「後半に強い子」はこんな子。

「男の子は後半に伸びる」はウソか本当か。塾講師が考える「後半に強い子」はこんな子。
受験にまつわる噂はたくさんあります。そのうちの一つが、「男の子は後半に伸びる」というもので、中受でも高受でも大受でも、誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。 息子さんをお持ちのお母さんが、「うちの子は部活ばっかりで全然家...

保護者面談でよく相談される質問3つに、先に答えておこうと思います。

保護者面談でよく相談される質問3つに、先に答えておこうと思います。
3月は保護者面談期間です。連日小学生〜中2生までの保護者面談、あるいは三者面談が続いています。今日のブログでは、面談でよく相談される内容に先に回答しておこうと思います。 テストの成績が良くないので、正しい勉強法を教えてく...

当然、来年度も全員合格を目指します。

当然、来年度も全員合格を目指します。
全員合格というと、「受験校のレベルを下げて、受かりそうなところを受けさせているでしょ」と思われる方がいらっしゃるようです。生徒全員合格を目指して当然の同じ塾業界から、そういう声が聞こえるのが残念でなりません。 今回は折角...

個人塾を選ぶということ

個人塾を選ぶということ
この時期、毎日のように塾のチラシが新聞に折り込まれています。ちなみに、うちの塾はここ2年くらい新聞チラシを1度も出していません。以前は毎年春と夏に出していましたが、塾のキャパシティが小さすぎて各学年13名しか入らないこと...

8期生へ向けた、最後の「塾長のつぶやき」

8期生へ向けた、最後の「塾長のつぶやき」
2月号の塾内通信内の「塾長のつぶやき」にて書いた8期生(現中3生)へのメッセージを、加筆修正して転載してみます。 ========================= もうすぐ公立高校の入試本番がやってくる。慧真館8期生の...

中2生へのメッセージ ※心が弱い受験生は読まないでください

中2生へのメッセージ ※心が弱い受験生は読まないでください
入試まであと僅かとなりました。今日は少し入試から離れて、中2生に向けた短めの記事を書きます。入試直前の受験生にとっては、耳の痛い話かもしれません。心が弱い受験生は、これから先は読まないでください。 最近よく授業中に中2生...

勉強は楽しいか?

勉強は楽しいか?
勉強を、楽しいか楽しくないかという基準で捉える人がいます。それが子どもならまだしも、最近は親御さんにも、また教育関係者にも、「楽しんで勉強する」ということを重要視している人が増えてきているように感じます。「勉強を楽しくす...

「自分はやらなくてもできる」と勘違いしているイタい人へ

「自分はやらなくてもできる」と勘違いしているイタい人へ
先週・今週と中1中2生は定期テスト勉強期間でしたが、今回のテスト期間は「自分はやらなくてもできる」とイタい勘違いをしている生徒が多すぎて困ります。 たとえば英語の教科書テストをしてみても間違いだらけ。とてもじゃないけれど...

勉強時間と成績は比例するのか、しないのか。

勉強時間と成績は比例するのか、しないのか。
「勉強時間と成績は比例するのか」という疑問について考えてみようと思います。 勉強時間と成績は比例しない 結論から先に言ってしまえば、勉強時間と成績に比例関係はあるとは言えません。よく、トップ校は「ガリ勉の巣窟」のように誤...