子育て

大学受験を控える卒業生へ。大学受験生が絶対に読んでおくべき1冊。

大学受験を控える卒業生へ。大学受験生が絶対に読んでおくべき1冊。
今日は、大学受験を控えるうちの塾の卒塾生に是非読んで欲しい本を1冊紹介したい。笠見未央氏著書の『センター前ヒット センター試験でコケない68の法則』だ。以前、プロの塾講師が選ぶ、マジで子どもに通わせたいおすすめ個人経営塾...

「やればできると思うんですが」という言葉が嫌い。

「やればできると思うんですが」という言葉が嫌い。
「やればできる子だと思うんですが」という言葉があまり好きではない。 やればできるということは、裏を返せばやっていないからできないということを意味しているのだと思う。つまり、やっていないからできない状態であって、ちゃんとや...

理系キッズ必見!大学での本格的な理科実験教室に参加してみてはいかが?

理系キッズ必見!大学での本格的な理科実験教室に参加してみてはいかが?
神奈川県にはいろいろな塾の団体があり、それぞれの団体が地域の教育発展のためにいろいろなことを企画しています。 そのうちの一つの団体である、神奈川県私塾協同組合さんが企画している理科実験教室がなんだか面白そうなので、うちの...

受験に成功する家庭の典型的な3つの例

受験に成功する家庭の典型的な3つの例
以前「受験に失敗する家庭の典型的な3つの例」というエントリーを書いたが、下のランキングをご覧頂くと分かるように、書いてから1年半ほど経った今でも毎週必ずBEST10に入るほどよく読まれている。そこで今日は、このエントリー...

読書の秋にいかが?読んだら勉強せずにはいられなくなる感動の一冊

読書の秋にいかが?読んだら勉強せずにはいられなくなる感動の一冊
急に寒くなってきたと思ったら、もう10月も中旬になってしまっていたのですね。今日は、読書の秋だからこそ、中高生に読んでもらいたい1冊を紹介します。どれだけ勉強嫌いの人も、本を読み終わった後に不思議と「勉強したい!」という...

小学生のうちこそ非効率であれ:非効率であるほうが効率的だったりする話。

小学生のうちこそ非効率であれ:非効率であるほうが効率的だったりする話。
「ウチの子、親から見ても勉強の効率が悪くて。」 小学生の保護者の方からこう相談を受けることがある。このブログでも「勉強の効率」に対して多くの記事を書いているためか、小学部の保護者の方まで効率良く勉強する方法のアドバイスを...

もしも子どもが「アイドルになりたい」と言ったら、親はどう対応するべきかを考えてみた。

もしも子どもが「アイドルになりたい」と言ったら、親はどう対応するべきかを考えてみた。
子どもが突然「私、将来はアイドルになってAKBに入りたい」と言い出したら親はどうすればいいのだろうか。もしもその子が親の目から見ても容姿端麗なら話は別だが、まあブサイクというほどでもないけど、至ってフツーな造形をしている...

おうちでできる小学生の国語力を鍛えるための市販テキスト3選

おうちでできる小学生の国語力を鍛えるための市販テキスト3選
子どもの読解力を低下させた犯人はだれだ!?(1人目)の記事で触れたように、小中学生の読解力(国語力)が低下してきている。国語力は全ての教科の基礎となる力だ。数学・理科・社会・英語のどれをとっても言葉によって表現されており...

英会話を習ってきた子の方が英語ができなくなる危険性

eikaiwa
今や子どもに習わせたい習い事のトップ3に必ず入るのが英会話。ウチの塾でも、小さい頃から英会話を習っているという子が増えている。今では小学校でも英語が必修科目になっていて、昔みたいに中学生になって初めてabcを習いましたと...

中学生にスマホは必要!?塾講師の見解はこれ

中学生にスマホは必要!?塾講師の見解はこれ
今や猫も杓子もスマホを持っている時代。 一昔前は中学生の保護者に対して、保護者会でよく「できる限り子供に携帯電話を持たせないでください。勉強の弊害になるだけですから。」とお願いしたものだが、今は中学生になる前からすでにス...

受験に失敗する家庭の典型的な3つの例

受験に失敗する家庭の典型的な3つの例
1.受験生の親の役割を、極端に逸脱するご家庭 私の経験則では、受験生の親の役割を極端に逸脱する家庭の場合、子どもが高校受験に失敗する確率がグンと高くなる。高校受験の場合、親の役割とは基本的に、精神面と身体面で子どもをサポ...

教育に対するビートたけし語録が、ヤバいほど的を射すぎている件

教育に対するビートたけし語録が、ヤバいほど的を射すぎている件
ビートたけしこと北野武の名言が面白すぎる。特に教育に関するたけし節には、思わずうなってしまうものが多い。教育に携わっている人間は基本的に綺麗事しか言っちゃいけないような風潮がある中、教育の世界に携わっていないたけしだから...