2017年度入試結果のご報告


本日、神奈川県の公立入試の合格発表がありました。9期生全12名の進学先は以下の通りです(私立併願校合格先は省略します)。

【公立】湘南1名・厚木3名・小田原2名・秦野4名
【私立】日大藤沢1名・相洋(特進)1名

今年の中3生の受験校は全員秦野高校以上。これまでの9年間の中で、間違いなく最もレベルが高かった学年でした。それゆえ、これまでで一番厳しい戦いとなることはある程度予想していましたが、やはり残念ながら全員合格とはなりませんでした。

残念ながら不合格になった人へ。

今は泣いていいと思う。落ちた時は、思いっきり気が済むまで落ち込んでいいと思う。一生懸命やってきたのだったら、なかなか気持ちを切り替えられなくて当然だから。

言いたいことは、今日全部話した。ただ一つだけ付け加えるなら・・・。

誰の人生にでも良い時と悪い時は必ずあって、その人の真価というか、どう生きてきたかが問われるのは実は悪い時だけなんだ。そして、そこから大きく成長できるのも、人生に大きな変化をもたらすのも、悪い時を経験した後だけなんだ。調子のいい時って、どんな生き方をしてきた人でも同じように楽しめる。一方、思うようにいかなかった時の行動にはこれまでの全ての学びが問われるし、そしてこれからより大きく飛躍するためのヒントもたくさん転がっているんだよ。

辛いだろうに、報告しにきてくれてありがとう。涙を流しながらも、こうやって塾に足を運んでくれて、必死で前を向こうとして見せてくれた笑顔に、もの凄く成長を感じました。不合格という「悪い時」に、君たちのような行動はなかなかとれるものではありません。

決して下を向く必要はない。ちょっとずつで良いから前を向きなさい。負けた悔しさ、「悪い時」の対処法を知っている君たちは、合格して大騒ぎしている人よりも、きっと強いと思います。

負けんなよ。

合格した人へ。

合格おめでとう!合格した人は、今日くらい思いっきり喜びに浸りなさい。志望校への憧れが強かった人ほど、またこれまで大変な思いで勉強してきた人ほど、この合格の喜びもひとしおでしょう。

ただ、合格したから勉強も終わりだと思っている人。今終わったのはあなたの学歴です。高校受験は、ただの通過点です。何も終わってはいないし、むしろ始まってもいない。本当の勝負はここからです。

受験が終わってから今日までの間、自習室ですでに高校の予習を始めている3年生もいます。ひとしきり気が済むまで喜んだら、すぐに次の準備を淡々と始めましょう。

最後に

6年間連続全員合格で、自分でも気がつかないうちに気が緩んでいたのかもしれません。成長過程にいる生徒たちには、「結果よりも過程が大切」だと思っているし、そう教えています。しかし、プロとして、この仕事を生業にしている私自身に対しては、「結果が全て」だと思っています。

今回、全員合格という結果が出せなかったことは、私自身の至らなさが原因です。本当に申し訳なく思います。今一度カリキュラムや指導方針を見直し、より強い塾を創っていきます。

最後に9期生のみんなへ。

個性的で、ノリが良くて明るくて、そして聡明で、9期生は思い入れが強くて個人的に大好きな学年でした。3月11日、文字通り最後の最後にみんなで卒塾式をやろう。

保護者の方。結果はどうであれ、この厳しい塾で、途中で辞めることなく3年間頑張りぬいた9期生達の努力は、変わるものでもなくなるものでもありません。3月11日、彼らの塾での最後の姿を見てやってください。卒塾式、皆様のご参加をお待ちしております。

それが9期生の解散式です。

スポンサー広告

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 13 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. posted by 山下谷泉

    先生、お久しぶりです。山下谷泉です。
    ブログの「負けんなよ。」のところで思わず泣いてしまいました…自分は美大を3回受験してダメだった人間なので気持ちはわかるし、子どもには同じ思いはさせたくないし…で頑張ってきたので泣けました、とても。

    先生にはいい報告だけ最後にしたいと、ツイに「いいね」しながら、「あと◯週間もある」のつぶやきが心の支えでありました。
    英80 国100 数64 理88 社68 特61 内134
    という結果でした。ありがとうござい
    ました。先生それ以上痩せないで下さい
    ね。

    • 山下谷泉さんがいつもくださる「いいね」にどれだけ励まされながらつぶやいてきたことでしょう。
      本当に1年間ありがとうございました。
      そして、ろくすっぽブログ記事も更新せずに申し訳ありませんでした。

      ご報告、ありがとうございました。お嬢さん、頑張りましたね!
      うちの生徒もよく頑張ったんです。

      でも、私自身が至らなかった。

      生徒には申し訳ないけれど、この悪い時を成長の機会と捉えて、自分自身もっと精進します。
      歳のせいか順調に太っているので、少々痩せた方がいいくらいです。

      山下谷泉さんも本当に1年間お疲れ様でした。

      ありがとうございました。

  2. 以前何度かコメントを入れさせて頂いた佐藤です。
    本日息子が無事、翠嵐に合格することが出来ました。親の方が無理かなと思っていた時期もありましたが、本人は初志貫徹、勇猛果敢に挑戦し、合格を勝ち取る事が出来ました。受験を通して、この結果も含めて人間的に一段階成長出来たかなと思っております。

    一年半程前に慧真館の存在を知って以来、ブログの更新をいつも楽しみにしており(今年はブログ更新が少なく残念でしたが、途中からTwitterを拝見してました)、一度もお目にかかった事も話をした事もないにも関わらず、「慧真館ではこう言ってたぞ」「岸本先生はこう分析してるぞ」とブログやTwitterを子供にも見せたりしながら、叱咤激励してました。
    息子の通っていた某大手塾の先生方も勿論素晴らしいのですが (岸本先生の在籍していた塾ではないと思います)、先生の洞察力や分析力、個人塾ならではの考え抜いた手法と、先生の物の考え方が個人的に好きで、親子共々大変参考にさせて頂きました。

    今後とも益々のご健闘と慧真館の更なる発展をお祈りしております。頑張ってください。

    ありがとうございました。

    • 佐藤様

      お子様の横浜翠嵐合格おめでとうございます。合格ももちろんですが、高校受験がお子様の人間的成長に繋がったことが最も喜ばしいことだと思います。

      また、当塾のブログをご愛読していただきありがとうございました。今年度は少し体調を壊したりなど、ブログを更新する機会がめっぽう減ってしまっていました。申し訳ございません。

      励ましの言葉、ありがとうございます。

      • 返信ありがとうございます。
        本当は喜びの報告のブログに対してコメントするつもりでいたので、予想外の結果に驚きとコメントすべきかどうか迷ったのですが、岸本ファンとしてはどうしてもお礼を言いたくて、自分勝手ながらコメントさせて頂きました。
        私の様な先生の隠れファンは沢山いると思います。
        自分の信じる道を突き進んでこれからも頑張ってください。
        陰ながら応援しております。

  3. posted by ありがとうございました

    駄文ですみません。慧真館さんのブログを参考にさせていただき、子供が神奈川2番手校に合格することができました。近所に信頼できる塾がない中、岸本先生のブログを子供に見せ、気を引き締めさせていたことも合格した大きな要因であったと思います。
    塾生のライバルでなるであろう相手にアドバイスしていることにもなりますし・・・。
    そんなわけで、塾生さんの不合格・・・とても複雑な気持ちであります。
    でも、慧真館であったからこそ、その高校にチャレンジできたのかもしれません。
    何の慰めにもなっておりませんが、慧真館さんはとってもいい塾であることは間違いないと感じております。
    慧真館さんの更なる発展を心から期待しております。

    • お子様の志望校合格、おめでとうございます。
      また、身にあまるお言葉、ありがとうございました。もう一度気を引き締め直し、強い塾を作るため、更に精進してまいります。

      ありがとうございました。

  4. 県内在住の中三男子の母です。このたび、息子が第一志望の県立高校に合格することができました。
    私も他の皆さまと同様に、岸本先生のブログを頼りに息子の受験を乗り切ることができ、本当に感謝しております。

    息子は塾の個人指導で一教科のみ受講し、あとはほぼ自習でした。中三になり、部活を引退しても、転塾も受講科目を増やすことも不要だと嫌がり、私は不安でたまりませんでした。
    そんな中でこちらのブログと出会い、岸本先生の教育論を拝読するようになってようやく、息子のやり方を応援してみようと腹をくくることができました。国語力・読解力が大事なこと、特色検査対策はまず5教科をきちんとすること・・というお話には特に励まされました。全国高校入試問題集のことを知ったのもこちらです。恐る恐る息子に勧めたところ採用されて(笑)受験前数か月は塾の自習室でこればかりしていたようです。彼なりに、自分の勉強方法を見つけていたのかもしれません。

    試験3日間終わったときは、親バカですが、結果はどうであれ本当によくやったと息子を誇らしく思いました。合格という結果をいただき、支えてくださった皆さんへの感謝でいっぱいです。岸本先生にも一言お礼申し上げたく、こちらにコメントさせていただきました。(長々失礼しました)
    受験生とその家族を支えることは大変なエネルギーがいるお仕事だと思います。お体に気を付けて、今後もご活躍されることをお祈りしています。

    • kojima様

      コメントありがとうございます。
      この度はお子様の第一志望校合格、本当におめでとうございます。
      全国入試問題集を一人で独学でやり切る力があるということは、実は相当な基礎学力の持ち主なのだとお見受けします。
      いや、凄いですよ!

      こういう時ばかりは親バカでもいいと思います。むしろ親バカであるべきだとも思います。
      結果が出てからが、本当の親の出番だと常々感じています。それがいい結果でも悪い結果でも。

      お心遣いありがとうございます。
      更に精進していく所存です。

      • 返信コメントをありがとうございます。

        「結果が出てからが、本当の親の出番。良い結果でも悪い結果でも。」

        本当に。そういう親であることができるよう、心を新たにしたいと思いました。
        ありがとうございました。

  5. いつも拝見させて頂いております。中2の子どもを持つ母です。
    優しいお言葉に人目を憚らず、泣いてしまいました。受験とは自分に向き合う事ですよね。

    • コメントありがとうございます。

      中2生のお子様ということは、いよいよ来年受験を迎えられるのですね。
      お子様にとって実り多き受験になることを、陰ながらお祈りしております。

  6. おかげさまで大阪府の公立高校トップ10に入る学校(普通科ですが)に合格することができました!
    ここのブログに出会わなければ合格出来てなかったかもしれません。とても感謝しています。
    まさか自分が偏差値70の学校に受かるとはと信じられないような気持ちですが、ずっと憧れだったのでとても嬉しいです。頑張って良かったと思いました。
    ありがとうございました。

コメントする