塾講師が選ぶ、中学生になるまでに読んでおきたい名作10冊。

久しぶりに読書会ネタを。

全体的に読解力が乏しい小6生のために今年の6月から始めた読書会ですが、月2回のペースで定期的に開催しています。この3ヶ月に読んできた本は、課題本としたものがふしぎ駄菓子屋 銭天堂小学五年生、そして9月の自由課題本です。1ヶ月に1冊となかなかのスローペースですが、これまでほとんど本なんて読んでこなかった、もしくは読んでも3ヶ月に1冊読み切るかどうかのペースだった子達が多いことから考えると、よく頑張っている方かなと思います。

そして今日は、9月の自由課題本を皆で紹介し合う読書会の日でした。自分が読んだ本のタイトルや大まかなあらすじ、感想やその本を選んだ動機等を皆の前で発表し、その後質疑応答です。

今回の読書会で紹介された本は次の4つ。

読書会で小6生が紹介してくれた本

・恐怖のお泊まり会 裏庭の化け物

ホラー好きの女子のおすすめ本。「ホラー本と言ってもあまり怖くないのが多いけど、これはかなり怖いからおすすめ」ということだそうです。

・長嶋少年

野球少年おすすめの本。彼曰く、野球好きの人は感動する短編集とのこと。

・願いがかなうふしぎな日記

水泳を一生懸命頑張っている女の子がおすすめの本。「努力の大変さや大切さがわかる」のだそう。

・のび太という生きかた

「この本を読んで、僕ものび太みたいになりたいと思いました」という感想に、一同「それは絶対やめた方が良い」と大ブーイング。でも、個人的にめちゃくちゃ気になる本です。

小学生のうちに読んでおいてほしいおすすめの名作本10選

次に、今思いつく範囲で小学生のうちに読んでおいてほしいおすすめ本を10冊選んでみました。基本的には、うちの小6生読書会の課題本となるような、小学校高学年向けの本を選んでいます。

銭天堂のように「読んで面白い本」ではなく、興味があってもなくてもこの時期に読んでほしい本、むしろ読んでおかないといけないと思っている本を選んだつもりです。

どれも読み応えのあるものばかりで、子どもだけではなく大人にとっても良い本ばかりです。親子で同じ本を読む「読書会」、素晴らしいと思います。読書の秋に是非。

1.きみの友だち

もはや安定の重松作品ですが、その中でも小学生に是非読んでほしい第1位が「きみの友だち」です。

2.きよしこ

重松贔屓なのでもう一冊。きみの友だちの次におすすめなのが「きよしこ」。ちなみに私にとっての初重松作品が「きよしこ」で、そこから重松清にハマっていきました。

3.兎の眼

日本を代表する児童文学作家と言えばやはり灰谷健次郎。“児童”のうちにこのような名作に一度は触れておくべきだと思っています。小学生におすすめなのは「兎の眼」。他にも、「太陽の子 (角川文庫)」「天の瞳」も名作。

4.西の魔女が死んだ

10月の読書会の課題本がコレ。何年か前に映画化もされています。特に小学校高学年の女子なら共感できる部分も多いかもしれません。是非親子(母娘)で読んでもらいたい作品です。

5.ドリトル先生航海記

私も子どもの頃にハマったドリトル先生シリーズ。その中でも一番はやっぱりドリトル先生航海記でしょうか。読書があまり好きではなくても、動物好きならはドハマリすると思います。

6.モモ

児童文学ですが、かなり読む力が試される一冊。読書経験が豊かな小学生なら十分楽しめると思いますが、読書が苦手な子は挫折するかも。うちの小6生だったら面白さが分からないうちに挫折しちゃうだろうな。

7.夏の庭

もはや児童文学のド定番。小学6年生くらいの読書感想文でもおなじみです。湯本さんの作品は「ポプラの秋 (新潮文庫)」もおすすめ。ちょうど秋ですし・・・。

8.二十四の瞳

名作ですが、4年生くらいでも国語力のある子なら読めてしまうと思います。戦争をテーマにした小説は、小学生の頃に1度は読んでおいてほしいというのが私の願いです。

9.蜘蛛の糸・杜子春

小学生でも読める芥川龍之介の児童向け短編集。「芥川龍之介」というと、なんだかお堅くて難しいイメージを持っている子どもは多いと思いますが、この本はそんなイメージを良い意味で裏切ってくれます。

10.世界を信じるためのメソッド

うちの塾生の保護者でもある図書館司書さんから教えていただいた一冊。これからの時代を生きる小学生だからこそ、メディアの正体や危険性について知っておいてほしいと覆います。ちなみに、この「よりみちパン!セ」というシリーズ、小中学生のためのサブカルチャー的な教養書という位置付けのようで、他にも興味をそそられる本がたくさんあります。

最後に

児童文学にはあまり明るくないので、小学校高学年対象の本でおすすめがあれば是非コメントで教えてください。泣いて喜びます。

読書は基本的にインプットがメインですが、読書会をすることでアウトプットの要素も入ってきます。そのアウトプットが、読書そのもののインプット要素を高め
てくれることが、読書会の醍醐味でしょう。

読書をしたからといって国語の力がグングンと伸びるわけではないけれど、良書を読むことは学校や塾のどんな授業よりも素晴らしい「教育」になると思っています。

スポンサー広告

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 9 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつも興味深く拝読しております。

    私自身も児童書はそこまで詳しくありませんが・・・。
    よく、子どもたちへは「ぼくらの七日間戦争」のシリーズを勧めています。
    時代を追うごとにアレンジされていますのでオススメです。

    • コメントありがとうございます。
      「ぼくらの七日間戦争」も名作ですよね!10冊にエントリーさせようか随分迷いました。
      その時代でアレンジされているとは知りませんでした。今の時代のものを読んでみたいと思います。

  2. こんにちは初めまして。
    埼玉県在住、中2女子の母親です。
    いつも楽しく拝見しております。
    プリントアウトして我が家の学習指南書にしています。

    今回、ご相談がありコメントさせていただきました。

    中2の夏期講習を最後に、中1から通っていた塾を退塾しまして
    本人の希望により家庭学習で受験に臨むことにしました。
    そこで中3から使用していく問題集を検討しております。

    数学・英語2教科
      ①新中学問題集 標準
      ②新中学問題集 発展
      ③ウイニング
      ④ウイニング PLUS
    娘の現状成績
      中1評定 42
      定期テスト 中1 平均2位
            中2 1学期6位
      中1統一模試 偏差70
    志望校
      埼玉県 公立上位共学 偏差68程度

    現在は、塾で使用していたオリジナルテキスト・iワークや
    最高水準問題集を使用しておりますが、中3からは
    上記の4種類の問題集から数学英語ともに1冊づつ増やして
    繰り返し使用していきたいと考えております。
    先生ならどの問題集が最適と思われますか?

    お忙しい中大変恐縮ではありますが、ご返答頂けると幸いです。
    よろしくお願いいたします。

      

    • 申し訳ございませんが、私はそれほど埼玉の受験事情には明るくありません。
      受験対策というより、日々の実力養成という意味でアドバイスをさせていただきます。

      まず新中問ですが、志望校が公立上位校のみということでしたら、標準編で十分かと思われます。
      発展が必要なのは、早慶等のような難関私立を視野に入れている場合です。
      私の個人的な好みですが、数学はウィニングよりも新中問が好きです。
      ただ、英語の新中問はあまり好みではありません。ウィニングも同じです。

      英語はオリジナルテキスト(きっと森の実出版のものだと思いますが)で十分でしょう。
      お子様の英語のレベルにもよりますが、英語は普段から難しめのテキストをやるよりも、基礎固めを早めに終わらせて、全国入試等に移った方が得策かと思います。

      • 岸本先生へ

        お忙しい中ご丁寧な返信をいただきまして、ありがとうございました。
        数学は標準編を、英語はオリテキ(森のみ出版です)を軸に、
        過去問を全県制覇出来るようコツコツと進めていきたいと思います。

        娘の良き伴走者になれるよう、今後もサイトを参考にさせていただきます。

        岸本先生、塾の生徒さん、お体に気を付けてお過ごしください。
        本当にありがとうございました。

  3. posted by 山下谷泉

    先生、こんばんは。
    特色検査セミナー、中学の学校行事の手伝いで行けなくなってしまいました…子どもも強制参加で時間的に間に合いそうにありません。ですので、父親が参加させていただきます。人相の悪いのが前の方で音声録っていると思いますが、どうぞ怪しまないでやって下さいm(_ _)m

    またまた長文になりそうです、この先はお時間のある時に…

    先生のオススメの10冊、子どもが小学生のうちに読ませてやりたかったなぁと思いました。モモだけは最後まで読んだけどよくわからなかった、と言っていたように思います…
    ちくまプリマーはアマゾンで注文したのですが、1巻は売り切れでした。学校の休み時間に読んでいるようです。

    本は欲しいと言ったものはなんでも買ってやったつもりですが、小学生の頃に一番面白かった本をきくと、ブックオフで100円で買った「鋼の錬金術師」のアニメの小説版全12巻という、甲斐のない答えでした…

    朝に5分間読書の時間があり、その時読むための本が必要でした。ほかの子がどんな本を持ってきてるのか聞くと、アニメの小説版を読んでる子が結構いて(特に男子)、みんなブックオフはよく利用するようで、人気のアニメの小説は早い者勝ちで、何回も通ってました。私が用意した本でちょっと難しいかなぁ?と思いましたが反応がよかったのは、「頭の体操」で席が近い男子にも人気があって、貸してとかいわれたそうです。
    本を読む時間の余裕があったのは、5年生のうちだったと思います。6年のときは運動会の鼓笛の楽器の練習が忙しくて、授業もそこそこに、学校では鼓笛のフォーメーションの練習をやっていたように思います。うちの子はピアニカでしたが…

    質より量という感じの読書でしたが、英語のスピーチコンテストはダメでしたが、毎日新聞の読書感想文は中学「課題図書」で
    市町村審査は通りました。

    アウトプットは友達と2人で、投稿サイトにサイトを作り小説(BL)をかわりばんこに更新していたそうです。確かに原稿用紙に4分の1書くのに1日かかっていたのが、飛躍的に書くのが速くなりました。消しゴム
    と鉛筆のBLも書けるそうです…学校の先生にこんな話は出来ません…

    活字が苦手な高学年男子に…と長々と書いてしまいました。失礼しましたm(_ _)m

    • コメントありがとうございます。

      小学生でなくても、中学生でも大人でも十分読み応えがある作品ばかりなのでこれからでも是非!
      お子様でなくてもお母様にもオススメです。

      ちくまプリマーには他にも紹介したい本がてんこ盛りです(笑)また機会があればご紹介しますね。

  4. posted by 山下谷泉

    先生、「ちくまプリマー」効果テキメンです!!第5回の全景模試の国語で100点とりました(平均56.5点)、5科の偏差値は72、合計点はなんとか410点になりました。

    売り切れだった第1巻は、再版されたようで手に入りました。ただいま期末テスト中です…「美術のテストで事故った…」と涙目で帰ってきてメンタル崩壊しておりました
    T^T

    • 全県模試の国語で100点とはすごいです!「ちくまプリマー」効果だけではないと思いますが、お役に立てたようで良かったです(笑)
      定期テストが終わればいよいよ本格的な受験勉強が始まりますね!メンタル崩壊している場合ではありませんよ!!

コメントする