H28年度横浜翠嵐高校特色検査研究と分析:県下No.1の名にふさわしい圧倒的な難易度と質。

特色検査研究の第8弾は、横浜翠嵐高校です。距離的な問題から小田原地域から翠嵐を目指す中学生が皆無に近い状態なので、このブログで翠嵐の特色検査を扱うのが今回が初となります。

ここが他の特色検査と違う!横浜翠嵐ならではの2つの特徴

今回は書くことが多いので、早速主題に入ります。

横浜翠嵐の特色検査は、大問2題からの構成です。制限時間は60分でH28年度の全設問数は16問。他の高校のように、大問2題の前半文系・後半理系などというような、明確な文理の括りがある訳ではありません。どちらの大問にも文理それぞれが非常にバランスよく出題されています。

ただ、各科目のバランスや大問2題構成などは、横浜翠嵐の特色検査の特徴の表の面にすぎません。翠嵐の特色検査の本当の特徴は、これとは別のところにあるのです。

特徴1:圧倒的な文字量が受検生を苦しめる

課題1は江崎保男著の「自然を捉えなおすー競争とのつながりの生態学」から抜粋された、A4用紙で2ページ以上の文章を読むことから始まります。前回の記事でもその一段落を抜粋しましたが、大人でも非常に読みづらい難解な文章です。しかも長い。これをまともに全て理解しようとしながら読むと、読んで理解できるかどうかは別として、普通の中学生ならリード文を読み終わるだけで10分はかかるでしょう。課題2のリード文は、酒井邦嘉著の「科学者という仕事」からの抜粋。こちらは課題1のリード文に比べると、若干読みやすい文章になっています。長さはA4用紙で2ページ弱。

文字数が多いのは、リード文だけではありません。リード文から展開される各設問ごとの問題文もこれまた長い。英文に至っては、中学校で習わない単語も数多く平気で使われていて、それらは問題の最後に『単語集』としてアルファベット順にインデックスされてまとめてあります。この『単語集』のスタイルはもはや翠嵐の特色検査の定番になっていますが、英単語の語彙数が少ない受検生にとっては、『単語集』と本文をいちいち行ったり来たりしながら読み進めなければならず、かなりの時間を要すると思われます。

横浜翠嵐だけでなく、他の高校の特色検査も、リード文や問題文が長くなる傾向があります。特色検査とは、通常の学力検査のように、これまで学習してきた内容を、解法パターンや知識を駆使して解く試験ではありません。中学生が今まで考えたことも勉強したこともないような初見の内容を問題の素材とし、見新しいものに対する問題解決能力を測るテストです。初見の内容でも中学生が解けるように十分な説明を加えなければいけないために、どうしてもリード文や問題文が長くなります。

そのような特色検査の性質を踏まえても、横浜翠嵐の特色検査は他の高校に比べると、受検生に読ませる分量が突出しています。普段から文章を読み慣れていない受検生にとっては、問題を解くという行為に行き着く前に、問題を読み込んでいくだけでヘトヘトになってしまうでしょう。

特徴2:時間がかかる論述記述のオンパレード

2番目の特徴は、論述式の問題のオンパレードだということです。これは他の高校の特色検査に類を見ません。これらの論述問題の難易度はかなり高く、特に設問の文章をきちんと読み込まないと、何が聞かれているのかということすら理解できないでしょう。単純な知識や解法パターンで解けるような論述ではなく、設問の意味を理解し、また問題によってはリード文の文章をきちんと把握し、なお色々な知識と融合させて熟考しないと解けません。浅い思考では、何をどう論ずればいいのか、何をすることを求められているのか分からず、手も足も出ないでしょう。

さらに翠嵐の論述問題を難しくしている原因があと2つあります。
それは、

  • 文字数の制限がほとんどないこと。
  • 複数の論述を必要とする場合が多いこと。

です。

他校の特色検査の論述問題の多くは、「○○字以上○○字以内で説明せよ」のような文字数制限があります。文字数制限があると一見難しく思えますが、これにより説明する文章量の目安がつくので、実は受検生にとっては簡単なのです。もっと親切(?)な場合、「○○という言葉を必ず使って」などの条件も加わります。このように、論述問題は、条件がたくさんあればある程解きやすくなるのです。しかし、横浜翠嵐の場合、H28年度に出題された6題の論述問題中、文字数制限があるのは2題のみ。他の4題は、解答用紙に罫線が引いてあるのみです。受検生にとっては、どれくらいの長さで、どこまで説明すればいいのか皆目検討がつきません。

さらに、論述問題中に「○○について2つ答えなさい」と、複数の答えを要求してくる問題も2題あります。1つを思考するだけでも大変なのですが、2つとなると頭をそうとう捻らないと対応できません。H28年度だけでなく、複数回答を要求する問題はこれまでも毎年のように出題されています。1つの事象について、多様な考え方を求められているのです。

翠嵐受検生の半数以上が5割以下:5割を越えるためにできること

冒頭にも述べましたが、横浜翠嵐の全設問数は16問です。小田原の24問や平塚江南の21問などと比べると、横浜翠嵐は決して問題数は多くありません。しかし、上記2つの理由で、16問に真っ正面から向き合い、制限時間内に満足に解答しようとするとまず時間が足りなくなります。

以前、高校別の特色検査平均点についての記事を書きましたが、この記事のサンプル数33名分だけでは不十分と思い、さらに情報を集めてH27年度の横浜翠嵐受検生111名分の開示得点を調査してみました。すると、111名分の平均点は45.8点。その内訳は、30点以下が5.4%、30点代が22.5%、40点代が39.6%、50点代が21.6%、60点以上が10.8%でした。ちなみに、この111名の90%以上が合格者の開示得点です。つまり、翠嵐に合格した生徒であっても、半数以上の受検生は半分も取れていないということになります。

H28年度は、H27年度に比べると若干難易度は易しくなっているのでもう少し平均点は上がるとは思いますが、それでも劇的に上昇することはないでしょう(調査ができ次第また記事にします)。もちろん5科目の学力検査の得点にもよりますが、5割を越えることができれば合格にかなり近づくのではないでしょうか。

では、横浜翠嵐の特色で5割を越えるためにはどうすればいいか。私なりの見解を書いてみたいと思います。

リード文の圧力がかからない問題から解く

横浜翠嵐の特色検査は、上記で述べたようにリード文こそ難解で長いものですが、リード文を読んで完璧に理解していなくても、設問が理解できれば解ける問題も多く含まれています。難易度にかなりの違いはありますが、この辺りは平塚江南の特色検査のつくりと似ています。

今年のように、リード文が難しい場合、まずは無理をしないで設問を読み、リード文の理解無しでも解ける問題から解いていくべきです。ちなみに、H28年度の全16問中、リード文をきちんと理解しないと解けない問題は3問しかありませんでした。先ほど、「これをまともに全て理解しようとしながら読むと、読んで理解できるかどうかは別として、普通の中学生ならリード文を読み終わるだけで10分はかかる」と書きましたが、実はリード文を全て理解する必要はありません。

英語の長文読解のように、リード文からではなく設問文から読み始め、リード文の理解なしでも解ける問題からどんどん解いていく。そして時間が余ったり、解ける問題がなくなったら、リード文の理解が必要な問題に着手する。横浜翠嵐受験生であれば、この解き方はもはや常識かもしれませんが、5割を越えるためには鉄則です。

難関国私立を受験できるレベルの英語の語彙力を身につける

先ほども述べたように、英語は問題の後ろに『単語集』が添付されていますが、『単語集』と本文の行き来に割いている時間はありません。単語集にできるだけ頼らない語彙力を身に付けておきましょう。

最近の横浜翠嵐の受検生の多くは、オープン入試で難関国私立の1つや2つを受験しているとは思いますが、難関国私立レベルの勉強をしていると、単語集に頼らなくても英文を理解できる力はつきます。ちなみに、5割のラインを突破するには英語系の問題は絶対に正解しなくてはいけません。横浜翠嵐と言えども他の特色検査校と同様に、英語の問題は他の問題に比べると比較的易しいからです。

小論文を書く練習

横浜翠嵐の特色検査は、テクニックだけでは通用しません。テクニックの前に、まず盤石なる言語能力が必要です。

リード文を読まなくても解ける問題は多いですが、上記のように翠嵐の場合、リード文だけでなく設問文も容易ではありません。設問文の中に、問題を解くためのいくつもの条件やヒントなどの情報が書かれています。また、論述問題に関しては、高度な書く力がないと解答できません。「難解な文章を読む」「思考を正確に文章で表現する」という、高い言語能力が絶対的に必要になります。

翠嵐を受検しようとする人は、こと「読むこと」に関しては高い言語能力を持ち合わせている人が多いと思います。しかし、盲点は「書くこと」です。「書く」勉強をおろそかにしていると、いくら読書量が豊富で読む能力に長けていたとしても、学力はいずれストップし、だんだんできなくなってしまいます。翠嵐の特色検査どころではなくなってしまうでしょう。

翠嵐の特色検査対策としての「書くこと」を鍛えるためには、「論文系の小論文」をたくさん練習し、それを人に添削もらうことが一番でしょう。横浜翠嵐の特色検査だけでなく、東京都立高校の前期試験の小論文も、「書くこと」に対する練習の良い素材となると思います。

参考)
・都立青山高校→http://www.aoyama-h.metro.tokyo.jp/mokuji14.htm
・都立新宿高校→http://www.shinjuku-h.metro.tokyo.jp/cms/html/entry/15/6.html
・都立立川高校→http://www.tachikawa-h.metro.tokyo.jp/mysite1/sub14.html
・都立戸山高校→http://www.toyama-h.metro.tokyo.jp/mondai/mondai.html
など。

まとめ

さすが神奈川県公立高校の中でNo.1の高校です。問題の質や難易度・解答方法全て群を抜いています。60分間で全て解くのは大人でも厳しいでしょうね。お恥ずかしながら、全て解き終わるのに私も60分間いっぱいかかってしまい、それでも間違えた問題がありました。

特色検査は文系が得意である方が有利だとこのブログで何度も書いてきましたが、今年の横浜翠嵐の場合、逆に理系問題の方が解きやすかった(課題1の設問4、課題2の設問2・設問3・設問4)と思います。それくらい、英語以外の文系問題の難易度が高いということです。つまり、文系理系の能力がどちらも高いレベルでバランスよく備わっていないと、翠嵐の問題は解けません。

たくさんの本を読んで言語能力と知識を養い、難関国私立の問題を解くのにも耐えられるような各科目の思考力を身に付け、書く練習を怠らないこと。常にアンテナを張り巡らせ、思考することをやめないこと。思考すること自体を楽しめること。しいて言えば、これが翠嵐の特色検査対策でしょうか。

スポンサー広告

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1.  岸本先生
     翠嵐の特色分析、本当に、ありがとうございます。
    拝読しながら、思わず襟を正したくなるほどのボリュームに感動し、ひとつひとつに充実した重みを感じました。
     岸本先生が丹精込めてお書きになってくださった今回の記事、一度読むだけでは、もったいないので、今後、何度も何度も読み返したいと思います。さっそく、☆印のお気に入りに登録させて頂きました。

     翠嵐の特色のリード文は私も読みましたが「え!こんなに長いの?」と驚き、一保護者にすぎない私は、リード文を理解しようと読むだけでヘトヘトになり、最初は設問までたどり着くことができませんでした。大学入試並と言うのが私の感想です。このような難易度の高い問題を解く中学生って、いったい、どんな子なのだろう?
     岸本先生の分析をじっくり読ませて頂いたのち、もう一度、翠嵐の特色に目を通してみようと思います。

     ツイッターで、「ブログを書いて疲れるのは久しぶり」とありましたが、この記事同様、書いてお疲れになった記事、もしよろしかったら教えて頂けますか?私は、どの記事も、サラリと書いたものではなく、相当な、お時間と労力をおかけになって、練りに練られて丁寧に書かれたものだと、そのような印象を感じておりますが。

    今後は、小田原方面に足を向けて寝られません。
    翠嵐の記事、本当にありがとうございました。

    • コメントありがとうございます。

      もう少しコンパクトにまとめたかったのですが、ダラダラと長くなってしまい、気がつけば結構なボリュームになってしまいました。
      私ももっと言語能力を高めなければいけません。精進します。

      いくら横浜翠嵐を受検する中学生でも、さすがにこの特色を全て解ける子はごくごく一部でしょうね。
      一見難問揃いで尻込みしてしまいますが、記事にも書いた通り、平均点を鑑みると攻略の糸口は見えそうな気がします。

      普段はブログで好き勝手なことを書いているのでいくら長文でもあまり疲れることはないのですが、今回は珍しく何をどうまとめるべきか悩みました。
      それだけ伝えたいことが多かったからです。結局出来上がった記事も、自分では上手くまとめられた自信があまりありません。
      他の記事は、授業準備の片手間に書いています。実はそんなに時間をかけていないのですよ。

  2. 慧真館から受験生がいないにも関わらず、約束通りに(しかも初の)翠嵐の特色分析をして頂き有難うございました。
    他校と違って難易度が頭抜けているのは聞いたり、読んだりしてましたが、ここまで他と違うとは。50%出来れば御の字なテストなんて、難関私立でもないのにトップ校とはいえ県立高校でいいのかと個人的には思ってしまいますが (大人でも果たして何人の人が解けるのやら)。。。
    記事を読んで実際に過去問をやってみて、それでも本人が受けたいのなら、挑戦させてあげたいとは思ってます。
    本当に有難うございました。

    • 佐藤様

      コメントありがとうございます。

      横浜翠嵐だけではなく、他校の特色検査も5割を越えることができればまずまずだと思います。

      佐藤様がおっしゃるように、特色検査を解いていると、中学生に多くを求め過ぎであるように私も思えるときがあります。

      このような試験を解くことができる力を、中学生は一体どこで身につけるのだろうと。公立中学に通い、真面目に学校の授業を受けてきた生徒の何割がこの問題をまともに解けるのだろうと。今の公教育の現実と特色検査問題の難易度を照らし合わせると、やはりトップ校を狙うには塾は必要不可欠なのかもしれません。

      記事にも書きましたように、5割を越えることができれば何とかなると思います。是非、頑張ってください。

      • 岸本先生

        返信有難うございました。

        全くその通りだと思います。私も妻も常日頃より同じ事を感じておりましたが(学校で真面目に授業を受けて良い点数を取り続ける事とトップ校に合格出来る事は全く別物)、現在の受験システムにとやかく言っても始まらず唯従うしかないので、本人のやる気を汲んで4月より某大手塾に通い出した次第です(物理的に慧真館へ通わせる事が出来ないのは残念ですが)
        本人も5割越えればいいんだという楽な気持ちで受験に臨んでくれればと願っております。

  3. 分析と解説ありがとうございました。
    私もお礼と感想のコメントをと思いましたが、勝手にハードルが高く感じてしまい、なかなか出せずにいました。いざコメントしようと思うと、自分の能力のなさに気づき、忸怩たる思いです。
    このブログを愛読しているうちに、私も特色問題を解いてみたいな…という気持ちになり、時間制限なしでやってみただけでした。
    感想を書くヒントがもらいたくて、子にこの記事を読んで感想を求めました。うん、うん、とうなずきながら読んでいましたが「確かに」の一言だけでした(泣)

    課題2(設問1)の英語の問題は、子は時間がかかると思い、最後にやろうとして時間が足りなかったそうですが、私は実は一番易しく感じ、もったいなかったなと思いました。
    毎年のように問題が出ている資料集を見つけ、内心(すごい情報!)と勘違いしていましたが、この記事を読み、そのことについては取るに足りないことだったということがわかりました。
    高校の先生などいろんな立場の方が読まれる中、どこまで書けばよいか、マナーなど、配慮がいることと察し、そのバランスが大変なことだろうと思います。

    中学生、親への応援の気持ちがこもったすごいブログだと常々感じています。
    「自学に耐え得る自立心」をもつ・・・これは小さいころからの積み重ねによって得られるものなのでしょうか・・・目標にしています。
    「個人個人の性質を見極め接し方を変えていく」・・・大切だけど難しいと感じています。

    すみません、先生の特色検査の分析についての感想は述べることができませんでした。

    • コメントありがとうございます。

      特色検査分析についての感想は結構ですよ!同じ問題でも、人によって様々な捉え方があります。これはあくまで私自身の個人的な感想の範疇を越えません。参考程度にしていただければ幸いです。

      英語の問題は確かに解きやすかったと思います。ただ、受検生にとって、解きやすそうな問題を入試本番で瞬時に判断するのは難しいでしょう。

      身に余るお言葉を頂き恐縮です。「自学に耐え得る自立心」。私も永遠のテーマです。小さい頃からの積み重ねであるような気もしますし、自学の方法論を学ぶ機会があるかどうかであるような気もします。

コメントする