慧真館について

concept

1.公立上位校受験に特化した実力養成

慧真館は公立上位校受験の専門塾です。全ての学年において、小田原高校などの公立上位校受験に的を絞った独自のカリキュラムで、公立上位校合格に必須の高い実力養成を目的とした授業を行っています。これにより、卒塾生の約8割が公立トップ校・準トップ校へと合格、また、2010年度から5年連続して第一志望校全員合格を実現しています。

2.徹底した少人数精鋭主義

講師が生徒全員の学力レベル・理解度・性格・勉強の仕方を常に把握し、公立上位校合格まで責任ある指導を行うためには、少人数精鋭主義の指導が最適です。慧真館では、1学年に最大で13人までの少人数クラスで、講師が常時生徒全員の状況を把握した上で学習指導を行う中、塾生同士が互いに切磋琢磨し、学力を向上させています。

3.入試を知り尽くしたプロ講師による質の高い授業

慧真館の授業は、小学生から中学生までのすべての学年で、プロの講師が担当します。いわゆる、大学生のアルバイト講師はいません。神奈川県の入試に精通しているのはもちろんのこと、全国の都道府県や難関国私立の入試問題を毎年のように研究し、授業に還元しています。高校入試を熟知した講師が行う質の高い授業が、慧真館の塾生の学力の基盤になっています。

4.できないままにさせない徹底した学習指導

「塾生全員を伸ばす」という慧真館の理念のもと、できないことをできないままにさせない学習システムを整備しています。たとえば、日々の理解度をチェックする小テストは「満点合格制」。満点が取れなかったテストは、満点になるまで再試、あるいは授業後などに個別フォローを実施し、できないまま授業が進んでいくということがありません。この徹底した指導こそが、小さな塾でありながら大きな成果を出している秘訣です。

5.「自学力」を身につける

勉強というのは、「問題の解き方」を教わるだけではうまくいきません。塾で勉強を教わっている時間以外での、自分で学習する時間こそが、実は最も学力が高まる瞬間です。慧真館では、定期テスト前や受験期に、生徒一人ひとりに対して効率的な学習法をきめ細かく指導。その内容は、ノートの取り方から時間の使い方、各科目の勉強の仕方まで多岐にわたり、正しい勉強法をアドバイスしています。質の高い授業と自学力の相乗効果があってこそ、学力が伸びていくのです。